次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

Mompou「Piano Works」 

シンセアレンジのJ-POPやら四つ打ち強調のロック、はたまた壮大な交響曲などを聴きなれていると、音数の少ない曲というのは魅力を感じなくなるものなのか、器楽曲というのはBGM的扱いに甘んじていることもまだまだ多くありそうです。特にピアノ独奏曲。絶対に一定数のファンはいると思いますが、総じてマイノリティーでしょう。きっと。

その中でも、激しさやキャッチーなメロディーに富まないモンポウのピアノ曲は、クラシックファンでもとっつきにくいかもしれません。訥々と語りかけるような素朴な曲たちは、よく聴くと不思議でなつかしい雰囲気を湛えたものがあったり。かなり深遠なものもありますが、そういう作風が大丈夫なら一度は聴いてみても時間の無駄にはなりません。

主なCDは、ナクソスから出ている四枚と、自作自演の4枚組みがあります。ナクソスのほうがすこし曲数が多いです。

お勧めなのは、「魔法の歌(Cants Magics)」、「パリ万博の思い出(Souvenirs De L'exposition)」、「歌と踊り(Canco i dansa)」など。気だるい午後に聴いたりするとよさそうです。ゆるりとした時間が流れる曲たちです。

Mompou: Piano Music, Vol. 1Mompou: Piano Music, Vol. 1
(1998/12/01)
不明

商品詳細を見る


Frederic Mompou: Piano Music, Vol. 2Frederic Mompou: Piano Music, Vol. 2
(2000/01/25)
不明

商品詳細を見る


Frederic Mompou: Piano Music, Vol. 3Frederic Mompou: Piano Music, Vol. 3
(2000/09/26)
不明

商品詳細を見る



モンポウ:ピアノ曲全集(4枚組)モンポウ:ピアノ曲全集(4枚組)
(2001/12/01)
不明

商品詳細を見る


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

te'「それは、鳴り響く世界から現実的な音を『歌』おうとする思考。」 

バンド名は屈指の短さなのに、アルバムタイトルと楽曲名は屈指の長さを誇るte'のセカンドアルバム。
いわゆる歌詞のないインストロックで、轟音や静寂を4つの楽器のみで叩き出します。というわけで、ボーカルがなきゃ嫌だ、やかましいのも嫌だという方は、聴くのを止めたほうがいいと思われます。

その条件をクリアできる方は、一曲目「如何に強大な精神や力といえども知性なくしては『無』に等しい。」の洗礼を浴び、te'ワールドに引きずり込まれることをお勧めします。

それは、鳴り響く世界から現実的な音を「歌」おうとする思考。それは、鳴り響く世界から現実的な音を「歌」おうとする思考。
(2007/09/12)
te’

商品詳細を見る


FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。