次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

Wikipediaの記事について 

ウィキペディア、何だかんだで便利なもんだから、書類に丸のまま使っちゃったりする人もいるくらいだけど、まあ完璧なものではないと。で、完璧なものにすべく、日々いろんな人が編集かけてると。

いやでも、最近、ちょっとした不満を抱くようになりました。


きっかけは音楽関連の記事。ここのところ、メジャーでないアーティストの記事が削除されたり、特筆性に欠く(つまり、記事にするほどの価値がない)のではないかとされている記事が俄かに増えているのではないかと。

一例を挙げます。

削除済み(著作権侵害を除く)
・残響レコード(所属アーティストのほとんども含む)
・澤野工房
・アナーキストレコード
・VOLVOX RECORDS
・123RECORDS
・小山絵里奈
・サンガツ
・Sequence pulse
・101A
・Nhhmbase
・Kyosuke Koizumi

特筆性を欠く
・suzukiski
・DE DE MOUSE
・Downy

とりあえず見つけられたもの。削除理由はすべて「宣伝」。

心外なのは澤野工房と残響レコード、それに小山絵里奈の削除。

澤野工房は確かにインディーズレーベルかもしれないけど、国内外のジャズアーティストを多く輩出している有名レーベルと思ってたのに。読売新聞に記事が載ってたこともあったし。

残響もね、9mmや65daysをリリースしているというのに。
小山さんもこのまえメジャー2枚目のアルバムを配信限定でリリースしたばかりなのに。


削除基準を見ると
「メジャーレーベルから2枚以上リリース」
「特筆すべき雑誌での掲載歴がある」
「音楽の賞を受賞」
「ヒットチャートでヒットした」
などなど。
(Wikipedia:著名性(音楽))


まあつまり、売れてないアーティスト、大したことないインディーズレーベルは消すよと。


実際□□□はセーフで小山絵里奈はアウトってのは、これは現在(6/30)は微妙。メジャーレーベルから2枚アルバム出したから。てことは、今記事を作り直したら、セーフかな?

しかしなかなか、削除された記事を書き直そうとする人はいないかな。


で、この定義で行くと、9枚のアルバムを出したsuzukiskiですら排除される寸前というわけで。方針とはいえいまいち納得いかない部分です。


それで気になるのは、音楽以外の特筆性を欠く記事は、ちゃんと削除されているのかというところ。
これは未検証。とりあえずそんなに見かけない。作家とか、漫画家とか、全然見かけない。

あまりに音楽記事に対して過敏に反応しているように思います。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

ASA-CHANG&巡礼「つぎねぷ」 

これは、このアルバムは、聴ける人と聴けない人がはっきり分かれます。特に2曲目「あたらしい花」は、ヒットチャートに並ぶ曲群に慣れた人だと、30秒で投げ出すでしょう。ただしハマる人はとことんハマります。タブラなどの音たちの衝撃は大きく、音楽を超えた存在ともなりえています。前例のない作品です。ちょっと和を感じられるのもプラス要因です。

レイハラカミアレンジの曲も二曲ありますが、一つは前述の「あたらしい花」。ASA-CHANG&巡礼のタブラと音響詩のインパクトの強さに花を添えているものの、ハラカミファンだからと言って気に入るとは限りません。もう一曲の「Jippun」は、ハラカミ:巡礼が7:3くらいで聴きやすいかと思います。

あたらしい音楽(?)が聴きたい人は、お試し下さい。苦情は受け付けません。


つぎねぷつぎねぷ
(2002/09/04)
ASA-CHANG&巡礼

商品詳細を見る


FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

toe「The book about my idea plot on a vague anxiety」 

「日本のポストロックが好きだ」という人が「toeって誰?」と言っていたら、十中八九モグリです。それほどその世界では有名なtoe。その音世界は、ヴォーカルこそないものの、無機質でありながら柔らかい響きが特徴です。
「孤独の発明」などが特に良質。日本語タイトルの曲と英語タイトルの曲で雰囲気がちがうようにも感じます。

the book about my idle plot on a vague anxietythe book about my idle plot on a vague anxiety
(2005/08/31)
toe原田郁子

商品詳細を見る


FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。