次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

飛行機に乗って自殺 

レオ・オーンスタインの曲に、本当に「飛行機に乗って自殺(Suicide in an airplane)」という曲があるんですが、まあ単にタイトルです。ピアノ曲だけど、速くて面白い曲です。ちなみにこのオーンスタイン、何と1892年生まれで、2002年没。享年109。3世紀生きてるよ。


ていうかその後、なぜか検索にヒットした「暗い日曜日」「カールマイヤー」を好奇心から聴いてしまい、自殺系曲まっしぐら。


※暗い日曜日:1930年代にハンガリーで自殺者を十数人出した曲だとか何とか。
※カールマイヤー:女性の悲鳴のような音を数分間かける精神崩壊曲。


暗い日曜日


カールマイヤー(正直映像は見れる気がしない)



ああもうやだ。なにこの記事。
最近の葛藤でも書こうと思ったらこのざまだ。深夜に聞かないでよ。マジで。


Orenstein: Piano SonatasOrenstein: Piano Sonatas
(2002/07/16)
不明

商品詳細を見る

「飛行機に乗って自殺」を含むCD。



そういえば最近人が死ぬ夢をよく見てる気がする。ここ数日で3人は死んだな、夢で。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

『誰も知らない』 

予定していた黒沢清監督の映画を観に行くのは延期しました。気分的な問題で。

代わりに、DVDで是枝監督の『誰も知らない』を観ました。


正直つらかった。胸が痛くなりました。
ただ淡々と進んでいって、ずっといたたまれなくなりながらも、最後まで観て、もう余韻が凄くて。

とにかく子供たちがかわいいんだけど、必死なんだけど、だから余計につらい。貧乏さの描き方とかがまた異様に上手いので、なおさら。


この映画に関しては、普段ハリウッドとかの救いだらけのエンタメ映画を見ている人にとっては、耐えられないかもしれない。逆に言うと、ハリウッドが絶対作れない映画だと思います。陰の部分の映画。こういうかなしさが理解できる感受性があるかどうかが、このての作品が好きになれるかどうかのような気がします。


この映画、観たことは後悔はしていませんが、今観たことは少し後悔してます。
歩き出すエネルギーもなかったのに、立ち上がるエネルギーすらなくしてしまったような心地になってしまいました。落ち込んでいる人は、今はあまり見ないほうがいいと思います。


あとほんとどうでもいいけど、この映画にもたまたま加瀬亮が出ていました。ハチクロといい、アカルイミライといい、出来のいい映画によく出てますね。


誰も知らない誰も知らない
(2005/03/11)
柳楽優弥北浦愛

商品詳細を見る




―今日のCD棚―

この映画の挿入歌「宝石」を収録した、タテタカコのミニアルバム。ピアノと声だけの限りなくシンプルな曲達が、切々と身にしみてきます。他に「傷」などが良いです。映画同様、陰の曲です。

そらそら
(2004/07/22)
タテタカコ

商品詳細を見る



ちなみにこの曲が映画中に流れた時、映画中にタテタカコ本人が出ていたこと気づきました。
気づくのが遅い。



FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 文藝美術文化

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。