次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

電脳コーイル 

キャラクターはともかく(宮崎アニメ以上にベッタベタに見えるよ俺には)、世界設定が面白いな電脳コイル。そこかしこが半バーチャルで、高度なツールが当たり前の世界。フォーマットとか若干コンピュータに詳しくないとわかりづらいかも知れんけど、細かい所が一々面白い。また全部デジタルで万能にやっちゃうんじゃなくて、微妙にアナログな行動が混ざるのもバランスがよくて良いです。
でもあまり感心しないのは音楽。ピンと来ない曲やな。OPもEDもBGMも。

まだ一話しか見てないけど、ちょくちょく見たい。Yahoo!動画で一話目がタダで見れるので、興味があれば是非。しかし俺は「いまさらそれかよ」を持ってくることが多いなわれながら。だって流行の時に触れなくても、いいものはいつ触れてもいいでしょ。そりゃさっさと触れたい場合はいいと思うけどね。コナンの新しい映画とか早く見たいし。

てかー。NHKBSで、この4月から再放送されてんのかよ。早く言ってよ。すでに数話見逃してるやん。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ: 文藝美術文化

[edit]

PAGE TOP

Dragibus「Lollipop」 

ドラジビュスはフランスの音楽ユニット。ロリボイスに駄菓子でもばらまいたかのようなポッピーな音楽が特徴です。なんかこう、ヨーロッパの子供番組のサントラのような。日本で言うところのアワアワ(Our Hour)かな。アワアワほどアヴァンギャルドじゃないけど。

ところでアワアワといえば、加藤あいが出てたAWA'SのCM曲が「アーワアーワ」って感じの曲やったから、もしかしてアワアワの曲なんかなと思ってたことがあったな。あれはバグルスの「ラジオスターの悲劇」やったけど。微塵もあってねえ。


話を戻してドラジビュスやけど、この「ロリポップ」っていうアルバムには「Bukolla」って言う曲があって、のろのろ駄菓子ポップなんやけど(もちろん歌詞はフランス語)、その歌詞中に「ウマウマウマウマウマウマウマウマ ウマウマウママーマーマー」っていうのがずっと続くところがあるんですね。これ聴いた時に、これは第二のウマウマ(かつてニコ動で流行ったらしい)としてどっかで話題にでもなってるんちゃうかと思ったんですけど、全然なってないですね。せっかく名前売るチャンスやったのにドラジビュス。

ところで二コ動といえば、最近は男女(最近? もう収束かな。よく知らんのよ)なんかも人気あるみたいやけど、これブックオフに流してどうすんねん…。「違うわ! よく聞け!」じゃねえよ…。あのノリは嫌いじゃないけど、流す場所ってもんがさー。それならドラジの駄菓子ポップの方がええんちゃうかな。

ところで駄菓子といえば、駄菓子菓子の曲もいまだ気になったままです。相変わらず手ごろに手に入らないものは後回しにしてしまうので、なかなか聴けない。レンタルも当然ないし。それから、駄菓子菓子のメンバーがやってるカタカタ16分のCDも欲しいけど、こっちもなかなか手ごろでねえな(早い話が金がないんですわ)。アーバンギャルドのもまだ手に入れてないし、気付いたらそんな境遇のアーティストいっぱいいるぜ。ausとかI am robot and proudとか。なんせこっちだって当たり曲があるかどうかのギャンブルみたいなもんやから、変に過熱化絵変死(なんやこれ! 金使えへんし、ですよ)。

ロリポップロリポップ
(2003/02/10)
ドラジビュス

商品詳細を見る


ちなみに俺にとってこのアルバムは甘すぎるので、クラプトンあたりのクソシブいのを聴いてバランスを保ってます。「Layla」かっけーな。


ためしに太字交じりにしてみたけど、見易くなってるんかなこれ。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

どこへいけ どうして  

いきつけのカラオケ店が、祝前日以外の平日しか1人カラオケを、出来ないようにルール変更してたということで俺のような、カラオケは多人数より1人の方がよかったりする人、にとっては何とも住みづらい状況に、なっていてスモーカーの気持が少しだけ、わかったような気がしたりするわけですね、きっと店側としては1人客なんて収益に、ならないから書き入れ時はくんなと言いたく、なったんでしょうその気持も、というか経済学的な問題もわかります。


今日は気分が最高難易度です。言うなれば、怒り、悲しみ、楽しさ、つまんなさ、熱意、失意、充実度、退屈度、そういうものが全て同じだけの量存在しているような、つまりトータルでゼロの状態のような、変な感じ。テンションもハイでもローでもなくニュートラル。


きもちわるいすわ。いっそ恐ろしく低いテンションの方がきっぱりしててよろし。




ところでFC2ドメインええ加減にせえよ。usドメイン年間39円て何やねん。そんなに普及せんのかus。アメリカそろそろ意地見せろよ。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 最高難易度

[edit]

PAGE TOP

主義を持たないという主義を持っています。 

ひどい自己矛盾ですが、まあ本当です。

主義というか、個人的な立場として、特定のことに熱心に取り組むという立場でもいられないし(そのエネルギーが保てません)、2chとか見て人生に諦めつつ日々を気だるく過ごしたくもありません。


だから安易な主義主張、ステレオタイプに迎合して一員になることもできず、共通言語を使って仮想的なコミュニティに伍することもできず、どこにもいられない閉塞感が潜在的に存在しています。

はてブでこのブログをブックマークしてる人が、コメントに「こんな感じでネットで孤独にしている人を久々に見た。」と書いていましたが、もっと潜在的にいると思います。仲間内にだけ見せるようなブログを書いている人ならともかく、別にそうでもないのに、発信してもネットに埋没するばかり、という存在は(見つけられないけど)結構いるんじゃないでしょうか。

俺はそんなに活動的ではなかったとはいえ、ネットに発信を始めて5年ほど経っているはずです。その間に、ネットで知り合った人は0人です。当たり前といえば当たり前ですが。なんにしても、俺がいたいと思う場所、居心地のいい場所は見つけられませんでした。


ネットだって実社会にいる人が集まって構築されてるわけだから、少数派の意見を持つ人はネットでも少数に決まっています。しかも俺の場合、どの分野においても広く浅くしか触れていないので、一つの分野に精通している人には到底ついていけません。そういう意味でも、俺の居場所は見つけられません。


特定の話題についてとことん話し合うというスタイルをとっている場所なら、なんとか混ざれるかもしれません。そんなとこあるんでしょうか。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

絆を信頼できないゆえ 

エチカの鏡で西原理恵子が出ていたので見てみた。途中から涙が出て止まらなかった。
周りから見て不幸だと見なされているような自分の境遇にたいして、西原さんは全て「しょうがない」と言った。それがただ悲しかった。何故だかは上手く言えない。




西原作品は基本的に全て実体験をもとにして描かれている。知り合いの1人は西原作品の「ぼくんち」を読んで「怖かった」と言っていたけど、俺はあの最底辺のエグい生き様が描写される中で、そこにこめられた悲しさがひしひしと伝わってきて、泣いた。他の西原作品でも、随所にそういう箇所がある。泣かせようと意図した漫画や本とは訳が違う。




あの作品群には飾りのような言葉はない。一方世の多くの本や漫画、ドラマ、映画には、こっちがしらけるほどのボケみたいなセリフ、心にえぐりこんでこないヘボいストーリーが用意されている。全部が全部そうとはもちろん言いませんが、社会の共通項として認識されているようなことをぬけぬけと、さも重要そうにもったいぶって言うような作品は、もう願い下げです。

社会通念に反するようなことでも、そういう視点もあるのか、と感じさせてくれるような言葉やストーリーの方が、はるかに心惹かれます。それから、実際に体験した上での意見。西原さんの亡き夫である鴨志田さんは、重度のヤク中とアル中を経験し、戦場でたくさんの人たちを見てきている。そういう人が語るマヤクや戦争の方が、ぼさっとイスに座って論説を繰り広げる評論家なんかよりも説得力がある。マヤクやってない人間に「クスリはいけない」なんて言われても、ハッキリ言って腹立ちます。




例えば、「人はひとりでは生きていけない」とか、「絆が大事」とか、正直言ってイラっとします。

それはなんとなくそうかもしれないとは思います。ただ、その実感は俺にはありません。
誰かに承認されているような感覚とか、存在していてもいいという確固たる自信というか、自己肯定が最終的に出来ないままでいます。(今「わたしを認めよ!」を読んでいるので、それに関する言葉がちょいちょい出ます多分)

別に家族に見捨てられているというわけでもないですが、自分の考え方は無視されているように感じてなりません。無理解と言ってもいいかもしれません。なんにしろ、俺が誰からか「承認」されているような感覚はあまりないんです。

「気付いてないだけで、ちゃんと親は愛してくれてるよ」なんていわれても何の救いにもなりません。それに気付くことが出来ない限り、承認されていないのと大して変わりないです。そして俺の親も承認されて育っていないので、俺に承認されたいという節もあります。無理です。

最悪なのは前述の言葉に加えて「だから親には感謝しないと」といわれること。俺はこれで俺の存在を否定された気分になります。納得できない状態で感謝を強要されることほど救えないことはありません。それはそう言われた人の心情を無視しているとしか思えません。

付け加えると、「承認なんていらないじゃないか」という意見も、承認を感じられずに苦しんでいる人にとっては、最低の言葉だといわざるを得ません。相手の心情を汲み取れていないという点で、相手の否定にもつながっていると思います。人によっては何の希望も持てない言葉です。




だから家族愛や仲間の絆をテーマにした作品は見ません。そんなものは信じられません。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

ニュース速報のチャイムが気になる 

時刻表示と各種テロップのデータベース

ここに、報道各社のテロップに加え、緊急ニュース速報のチャイム(ジングル?)がおいてある。どこがどれだっけと聞き返してみました。

俺が好きなのは毎日放送のチャイム。「ヴォッヴォッ、ヴォッヴォッ」という攻撃的な音はなかなかクールでよいです。

朝日放送のチャイムはモールス信号なんやな。「-・ ・ ・-- ・・・×2」で、「NEWS×2」って打電してるっぽい。もう時代が時代やから、モールス信号もいらんとは思うけど。


俺はやっぱ音楽じゃなくて、音が好きなんかも知れん。ゲームセンターのBGMでも結構いいのあるよね。ピロピロ感のある音のやつ。速報チャイムもやけど、あれも音源欲しいな。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 雑記

[edit]

PAGE TOP

教科書系ウェブサイトって足りないと個人的に思う 

カノログ: 良質な教科書系ウェブサイト集(改訂版)

作るのに手間かかる割に、作ってもフィードバックがあんまりないだろうからね。目に見える形では。マイナー分野の教科書は紙媒体でも足らんと思うけど、同じ理由でしょう。

ところでこのまとめページには「物理の小道」が入ってないな。もう更新してないとはいえ、高校物理の教科書とか問題集とか充実してるのに。見つけられんかったんかな。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

実力主義は人間淘汰機構 

その人の能力や実績に応じて立場や収入が発生するというシステム、どうですか。聞こえはいいですね。

裏を返せば、能力や実績がない(あるいはあると見なされない)人は低賃金になるほかないと。問題点は他にも死ぬほど挙げられているので、Wikipediaの成果主義あたりでも見てください。


で、これは恐らく万人が幸せになれるシステムなんかではないのね。じゃあ旧風の年功序列ならみんな幸せになれるかというと、それも怪しいね。まあどっちか選べやってことでしょ。

もう今の若い人は実力主義的考えというか価値観を比較的おさなーい頃からもってたりするくせに、学校教育では年功序列的社会に組み込まれやすいような無個性教育(勉強方法を身につけるためにするような勉強)を真面目に受けてちゃんとしたルートを、みたいな風潮が全く消えてない。ミスマッチにも程がある。こんな土壌で実力主義のクソみたいな競争に飛び込んでいくようなタフな人間はそう出ないですよ。

心の中で実力主義に憧れを持ちつつ(げーのーかいに憧れるのとかもそうなんじゃねか)、勉強していい高校、いい大学に入れば高給取りになれる、そんな人生つまんないよなとか愚痴ブッこいてもなお上司との関係に波風を立てないように気をつけつつ疲弊。しかもこのごろはどんな大企業でも首すっ飛ばされるかわからんくなってきて、もうどーでもえーわーとやけっぱちになったりとか何とか。


実力主義が中途半端にしか浸透してないってのもあるけど、常に競争の中に放り込まれてその中で高い水準の仕事を続けるってのは、並大抵のことじゃない。
一度軌道に乗り出したらそれなりに進めるやろうけど、そこに至るまでの間に相当人数が、前提条件の不平等さ(財力とか時間とか人脈とか才能とか)で、そもそも対等に勝負できないか、なかなか成果が出ずどう考えてもやっていけないと挫折するかで消えてるはずです。

金を得る手段としてその分野の競争に参加したって、その分野が大好きで金にならんでもいいからやりたいって人には、まあそう簡単には勝てない。勝てる可能性としては、強迫観念的な後押しがあるとか、周囲から理解を得られて支援してくれてるとか、身近にライバルがいたりするとか。そんなんなら何とかなるかもしれんけどね。


まず好きなことを仕事に出来ないという壁を越えられず(それはいろんな理由があるでしょうね)、与えられた課題(試験とかね)で合格点をもらえず、ごんごん挫折して金銭的にも精神的にも追い詰められる。それをかいくぐって成果を残した人だけが社会で重宝され、あとは打ち捨てられる。本物の成果主義なんてそんなもんです。

だから実力主義を推し進めようとするのは才能ある人でしょう。やってもあかんわという経験を積んでしまって、やる気もなんもなくなってしまったような人は、とにかくそこにある仕事を淡々とこなして、年をとるにつれて給料が上る完全年功序列の方がやりやすいはずです。それともそんな人でも、無理やり実力主義を強要すれば必死で成果を挙げてくるものでしょうか。そうともいかんでしょ。


だけど、俺はそんな本物の成果主義によって人間を淘汰するというのも、倫理的な問題がないならありじゃないかと思うんです。ちゃんとコンセンサスをとれる基準で行うなら。実際には人倫にもとるといわれて糾弾されるでしょうけどね、そんな意見。

俺は前から、日本人口は今の半分でいいと思ってます。少子化ではなく高齢化の方が問題だと思うんですね。結局人は自分が一番大切だから、死ななくていいなら死にたくない限りわざわざ死なないし、既得権があるならもらいたいという人が多いわけです。そんで国という組織に老害が蓄積すると、国全体として活力が落ちる。なんらかの生産的行動もせずに貯蓄して長生きする老人(に限らんかも!)は、言い方は悪いけど、間接的に日本の弱体化を支持していると俺は見ています。


FC2 Blog Ranking

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

tbbfrhy6sdryklふy8うおmjひぃldftrぐ 

なんかいろいろと論書こうとしましtが、つかれたのでまとまりまぐぇrんでさ。もうkつぉゆいかdじいがねあ¥んせう。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 最高難易度

[edit]

PAGE TOP

GUY SACRE「Oeuvres pour piano」 

時々ロゴとかを作ってみますが、やっぱり勝手がわからんというのもあるし、デザインなんてまるで素人なので、ランサーズ(クラウドソーシングの記事参照)に次々と提案されるロゴ案を見て、あっこれは俺のじゃかなわんかな。とか思うわけです。出直してきます。




NAXOS MUSIC LIBRARYにTimpaniレーベルが参加して、以前より聴く頻度が増したかも知らん。徐々にカタログが追加され、ギィ・サクルも入ってました。ピアノ曲集聴いてみてるけど、少々アングラな雰囲気。和音が近代音楽と現代音楽の間をうろうろしてるようで、妙に気味悪い。ジャン・コクトーの「怖るべき子供たち」あたりと混ぜあわせると結構美味しいんじゃなかろうか。


Works for PianoWorks for Piano
()
Guy Sacre

商品詳細を見る


FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

おっとタイトルがないわ 

エレカシのひろじさんが生放送ラジヲでキレたとかなんとか。なんかいつものことらしいね。正直ラジヲ聴いてみてゲッと思ったけど(放送事故クラスじゃねの)、まあこんくらいハッキリ物言う方がいいね、言える立場だったら。「気をつけろこのドアホ」とかさらりと言ってみてえ。


話は変わるとしてコトリンゴの曲がアップされてました。なんと教授(坂本龍一ですよ)との連弾。コトリンゴさんド緊張やないか。なんか歌声も縮こまってる。無理もないけど。



この人ライブのMCもかわいい。これで三十路とか信じられん。

ライヴといえば今度は神戸に来てくれるんやな、コトさん(たまにこの略を使う)。でもスイーツ付きって何なんや。目つきの悪い男1人で行くような雰囲気やなさそうやな。でも行きてー。でも水曜じゃねーか! 平日じゃねーか!


時々言われますが、種々の本やなんやに触れているため、俺の関西弁は変な標準語も混ざります。てかね、関西弁を忠実に文字にしたら読みにくいっつーの。変換もろくなことにならんし。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

夜の西側で 

ほころび写真集。そのうち単独ページにまとめよかな。

P8020042.jpg
どうもノスタルジーっぽく、でも後ろの壁だけ綺麗過ぎる。

二枚目以降は続きです。これやっぱり面倒かな。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 写真系

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。