次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

破壊性矛路 

お待ちかねの人がいるのかなほころび写真です。これだけは誰一人見てなくても続けるぜ。意地でも。

だらだらとでも継続することに意味はあるのか、誰かしらがそのうち発見するのか、これに興味を持ってくれる人が一人でも出てくるか、それを試す中長期的実験なんですこれは。

P5210018.jpg
名ばかり管理職って言葉を思い出した。


はい続き続き下。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: 写真系

[edit]

PAGE TOP

自分という人間がつまらないだけなのに、世の中がつまらんというな(ヒミズ) 

行こう行こうと放っておいたら気づいた頃には会期終わりかけ。兵庫県立美術館「ピカソとクレーの生きた時代」。誰のがあるのかあらためてチェキラ。

出展作家(順不同):マティス、ドラン、ブラック、マルク、マッケ、シャガール、グロス、スーチン、ベックマン、ピカソ、ドローネー、グリス、シュレンマー、カッラ、モランディ、エルンスト、ミロ、マグリット、マン・レイ、タンギー、エルツェ、カンディンスキー、クレー

あっ予想以上にすげー。明日いけないから最終日の日曜にしかいけないけど、それでも行きてー。

フランツ・マルクとかイヴ・タンギーとか、見たいのがいっぱいある。半端なく人いそうやけど、日曜の気分次第では行くな。




水平線ひいたはいいけど、書くことが特にねえ。いまやってるドラマ「つれがウつになりまして」が早速心が痛くなる内容で、もう見れねえ。明日速いしさっさと寝るです。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 文藝美術文化

[edit]

PAGE TOP

ナゲキバト 

鳥は大好きですが、Wikipediaのナゲキバトの写真に、そこはかとない気味の悪さを感じてしまいました。

ああー気持ちわりい。鳥で気味悪くなったの初めてです。褐色の体に白く縁取られた黒い目。もうこの目死んでるやん。なんでこんなに気持ち悪いんやろう。鳩やぞ。嘆き鳩。英語やとMourning Dove。やっぱし気味悪い鳥として扱ってるな、さては。


なんかでもあんまり共感してもらえる気がしねえ。おいSocial IME、「もらえる気がしねえ」って打って「もらえる気がしねぇよ☆(ゝω・)v」って変換すんじゃねーよ。「ねーよ」も「(’A`」って変換すんのやめろ。そして「やめろ」まで「やっ、やめろぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」に変換されるってどういうことやねん。

便利かと思って導入したSocial IMEは意外とクソかも知れん。文節区切り下手やし、英文入力はしづらいし。少なくとも俺にいらん変換候補多すぎやねん。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 雑記

[edit]

PAGE TOP

爆弾レベルの独り言 

人とすれ違いざま、その人が話してることが聞こえることってありますよね。あれを注意して聴いていると、いろいろ断片的な会話を楽しむことが出来ます。

今日聞いたその断片言葉は過去最強クラス。原爆並みの破壊力。しかも独り言。

俺が死ぬなら三人殺したらあ

こんな言葉をイヤホンしてチャリ乗った二十代の男性がつぶやいてんだからもう。はー!?
文脈は不明やけど、何この人、命狙われてんのか。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 雑記

[edit]

PAGE TOP

北朝鮮核実験で騒ぐ理由がいまいちわからない 

北朝鮮核実験

あーとうとうやっちゃったか。世界的に問題視されてますね。オバマ大統領も不快そうな顔してるし。

でもね、アメリカだって核兵器持ってるわけでしょ? 利用するかは知らないけど。それが北朝鮮だと駄目でアメリカならいいという理屈が俺には全くわかりません。核兵器保有を許可される国が一つでもあるという時点で、どこかの核実験を禁止することなど笑止です。感情に任せて核を打ちそうな国は駄目だってこと? やっぱ笑止。

あとさ、広島だか長崎だか知らないけど、そこでインタビュー受けてた何かの団体の人が「世界的に核がいらないといわれている中で、こんなことをするなんて」って言ってたけど、誰がそんなこと言ったの? 冗談やめてください。


はっきり言ってまったく理解できません。自分達の権力が揺らぐことを怖れてるだけなんじゃないですか? 特にアメリカは。日本はまあ危険度が高い分警戒するのはまだわかるとしても。ロシアとかが警戒感示すのは権力もあるんじゃないですかね。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

昼食はライヒ 

ここのところライヒの「18人の音楽家のための音楽(Music for 18 Musicians)」ばっかり聴いてます(多分前にもこの曲のことは書いたけど、まあいいか)。あのミニマルが心地好くて。何にでも合うよ。昼飯のお供にもぴったり。


この曲は全曲とおして聴くと60分あるんやけど、俺のお気に入りはこのパート(VI)。弦楽器が活躍するところで、単純な旋律の繰り返しが心地いい。

しかしこの映像見てると、本当に機械的に演奏しているように見えて、音楽製造所ってかんじすらするね。マラカス振ってる人とか特に。

あーこれ演奏会で聴きたいな。日本ではほとんどやらへんと思うけど。




ちなみに今はヴィラ=ロボスの弦楽四重奏曲を聴いてるけど、めちゃくちゃかっこいい。2番3番あたりが当たりやな。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

ヒミズ寄生獣謎の彼女X 

以前挙げていたマンガには、手をつけ始めました。ここんとこ小説読めないから、新書やマンガにレジームシフト。ちなみに新書だと、「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書)」とか、「黒いスイス (新潮新書)」とか。前者で言われているような生き方(年功序列を捨てる生き方)しないと(日本的にも)ヤバい気がするけど、積極性が前提条件だぜ。その熱意が維持できない。てか俺、本気で年金払いたくない。


マンガの話に戻して、東京にマンガ博物館できるって? 京都にもうあるのにね。そういう意義は感じられるけど、天下り先増やしたいだけちゃうの。つか国立国会図書館って、カバーとか破棄すんのか。もったいねえ。カバーも資料の一部やぜ。


で今読んでる漫画ですが、全部タイトルにあげました。謎の彼女Xはディスコミでハマった植芝作品。エキゾチックというかソフト学園SF(つーより、ちょっと変わった学園もの)。相手のよだれをのむとお互いの心理状況まで体感できるという設定は面白いな。ディスコミの中にも、ゾウリムシの体液交換を「最も原始的なキス」ってする描写があったし、それに通ずるものがあります。

ヒミズは素晴らしいね。何の希望もないラスト。若さゆえのひとりよがりも相当あるけど、なまっちょろさとどうしようもなさが混沌とからみあって、えもいわれぬ不快で沈鬱な読後感。こういうのを読みたかった。

寄生獣も全巻買って読みました(持って帰るの重かった)。設定が独特で面白い。地球における人間の立ち位置とかを再考させるようでもあり。まず設定があってそれにあわせた登場人物を出す、という作りかた(作者が言ってた)は、なかなか好感持てます。今はキャラクターありきで、後付けで事件とか起こすパターンが目立って、正直興味わかないんでね。世のキャラクターの9割9分が好きになれない俺にとっては、設定(ないしギャグ)が面白いというほうが、入りやすい。





ところで吉田戦車の「伝染るんです。」がアニメ化されるんですってね。何で今なんやとは思いつつ、見たい。前回記事で出した「ウンコさん」の声優も参加してるやん。
この人(坂本頼光)には「サザザさん」でも爆笑させられたし、「伝染るんです。」でも、しいたけ役やし。おれ伝染るんです。のしいたけ好きなんです。



FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 文藝美術文化

[edit]

PAGE TOP

服と掃除 

「ヒゲとボイン」みたいに、「服と掃除」。「と」しかあってないな。しかしヒゲとボインの作者(小島功)って、安野モヨコの叔父なんか。思わぬつながり。

「と」しか共通点ないって、昔の柴田亜美のネタやないか。オヤジギャグをいう場で「トンボとトビウオ」と言った奴への突っ込み。誰も知らんやろうからはい次。




エネループの充電器どっかいきました。ここんとこなんやかやで部屋のエントロピーが増大してるからな。ありていに言うと、散らかってるってことです。箪笥とか机の引出しを開けっぱなしにして、そこにものを積んどく、ってのも常態化してるし。
今日ほころび写真とれなかったのは、電池切れてたからじゃなくてメモカ挿し忘れてたからなんやけど、充電しようと思ってたのに。

部屋と身なりは、人に見られないと雑になるんでしょうかね。誰も来ない部屋とか、自分が気にならないなら多少散らかっててもいいですよね。服装とか髪型も、(気になる)人に見られてなければ雑でいいやとかなりますやん。コンビニにジャージで行く女性とか聞きますよ。


そういうのあるんでしょうね。見られてると綺麗になっていくとか。俳優とか基本はそうでしょ。





久々に馬鹿馬鹿しさで笑った。

うんこさん-ツイてる人にしか見えない妖精-

登場キャラが全部ウンコ(巻きグソじゃないのがよい)で、名前も全てウンコを想像させるもの。なんか、妖精の「ウンコロボックル」が、不幸な人に「ウン」をつける話とか。まずその説明だけで吹いた。これは見るしかない。

ということで、オフィシャルで1話を公開してるので見てみました。1本2分半という見易いアニメ。「ババくんじゃないか?」「ウンコさん!」じゃねーよ(笑)。不覚にも、「クソー、バカー」に爆笑してしまった。

これは深夜帯じゃなくて朝やればいいのに。子供に大人気やで。だからやろうけど。朝のこども劇場とかに入ってたら、PTA激怒やな。



FC2 Blog Ranking

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

ぶろぱく 

ブログ拍手をすると特典でもあるんでしょうか、なぜか記事の多くに拍手がつきます。それも満遍なく1つずつ(中には1つ以上つくものもあるとはいえ)。




ダイソーってほんとうに当たり外れがありますね。ここんとこの外れは、カナルイヤホンのイヤーゴム(3層構造)。3層のは全部そうなのか知らんけど、普通に付け替えてはめてみると、音量がおそろしく小さくなり、かつ音のレベルが最悪に。オーテクのカナルが100円のイヤホン並みになりました。付け方間違えてんのかな。とりあえず、これまで使った100円のうち、かなり損したものの一つ。スポーツドリンクかと思って買ったのがミネラルウォーターやったというのも、かなり損したけど(それは今日の話)。

逆になんか当たりなのは、シックなリングノート。表紙が渋い色の布張り仕様。Le Miroir(フランス語で鏡)って書いてる。シールを剥がせば、ダイソーのものとはわからんくなるのも高評価。ついA4とB5のを両方買っちまった。


あと自転車のパンク防止剤(525円)をダイソーで見かけたけど、これは使うのが何となく怖いので購入せず。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

帝王昼寝 

本屋に寄ろうとしたところふらつきを感じたので、もしやと思ってやめて帰りました。飯を食ったら回復しました。単なる空腹でした。新型何やらではないようです。




はねとびで「サターン」という水草が紹介されてた。なんと1株78000円。調べてみたら、エキノドルス(オモダカ科の一属)の未記載種。分類がろくに整理されてないんやから、生息数とかも未知数やろうな。そんなん南アメリカからとってくんなよ…。マジで消滅すんぞ。

それで思い出したけど(エキノドルス→水草→アクアリウム→熱帯魚の順)、前は熱帯魚に興味がある時期があったので、家にちょっとした熱帯魚図鑑とかあるのね。あいつらは大体日本名がないから、結構学名そのままで呼ばれてたりするし、今でも多少は覚えてるな。

そうそうボララス・ウロフタルモイデス(Boraras urophthalmoides)とか飼ってた。あとコリドラスとか。懐かしいので色々検索して写真など見てます。


でもなんか、俺の持ってる熱帯魚図鑑の名称で検索しても、ちっともひっかからんのがちょいちょいいるな。

以下、検索結果ゼロ件(2009.5.20現在)の熱帯魚。表記は前述の図鑑による。

*プセウドムギル・コンニエー(Pseudomugil connieae、コンニエーでも0件)→ポポンデッタ・コンニエとかやな。ポポンデッタってかつての属名やないか。

*バーブス・ヤエ(Barbus jae、くの一みたいでかっけえ名前)→バルブス・ヤエ。

*エウトロピエルルス・デバウウィ(Eutropiellus debauwi、すげえなこの名前)→エトロピエラなど。一々学名をカタカナにしないんか今は。デバウウィってかっこいいのに。

*ノトブランキウス・エッゲルシイ(Nothobranchius eggersi)→ノソブランキウス・エガーザイとか。

ノトブランキウス属(ノソブランキウス属)はほかにも
N. ラコヴィイ(N. rachovii)→ラコウィー、ラコビー
N. コルサウサエ(N. korthausae)→コーソザイ
とかになってることがほとんど。


これは俺の持ってる図鑑が悪いんか(ないし古いんか)、それとも呼称が変わってきてるのか、どっちだか。あとなんか学名の読みというより日本語読みみたいやな、全体的に。
ポポンデッタ・フルカタ(Pseudomugil furcatus)とかモグルンダ・モグルンダ(Mogurnda mogurnda、パープルスポットガジョンとも)とかはちゃんとこの図鑑でもそう表記されてるんやけどね。


熱帯魚はその姿形はさることながら、名前も独特で楽しいのがおおくて、一度で二度美味しい動物ですね。チャカ・チャカ(Chaca chaca)みたいな楽しい名前もあるし、プセウドエピプラティス・アニュラトゥス(Pseudepiplatys annulatus)とかナノクロミス・トランスヴェスティトゥス(Nanochromis transvestitus)みたいに、そらで言えると頭よさそうに聞こえる名前もあるし。


でも金かかりそうな趣味ですね。アロワナとかポルカドット・スティングレイ(Potamotrigon leopoldi、淡水エイ)レベルやと1匹数十万円するぜ。それでなくても、珍カラ(珍しいカラシン)でも、1匹数万円のとかいるぜ(体長数センチ)。あと軽く何種類か絶滅させてしまいそうで怖いぜ。

というわけで当面熱帯魚は飼わんぜ。日本の淡水魚もなかなか熱いぜ(俺の中で)。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 雑記

[edit]

PAGE TOP

インフルに対する各所の反応に吹いた(兼まとめ) 

新型インフルはやってますねー。主に流行に敏感な神戸、大阪で。俺もまさしく震源地に生息しているので全く他人事ではないわけですが、もう各所でマスクをはじめ多種多様な対インフル作戦を繰り広げているようですね。

まず休校措置。季節性なら絶対ないというレベルでの休校。きっと暇になった生徒諸君は繁華街に繰り出したりカラオケに行ったりしてるんやろうと思っていたら大当たり。カラオケ店では休校中の生徒を門前払いするはめに。これじゃ意味ないやないか。家でDSでもしてろって。WiiならWi-Fiもできるし。

そしてヤフオクではマスクがバカ売れ、転売屋がもうけてるとか何とか。なんぼ無いからって定価の10倍…? そう来たか。そしてあのマスクって役にたつんか。

外出もおちおち出来ない状況で、修学旅行に行くべく駅に集まったのに引き返すというシュールな出来事も。一体我々は何にそんなに脅えているのかな? 

そしてとどめはジュンク堂。なんと神戸と大阪への本配達をしばらく送料無料で行うとか(注:5/20 14:00~)。いやそれは結構なことなんやけど、迎撃キャンペーンじゃないやろ。客からすればわざわざ買いに行かんですむとはいえ、配達員は戦地へぞろぞろ送り込まれるんやから。むしろウィルスの散布に一役買うんじゃないのかこれは。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

Nikolai Kapustin「Eight Concerto Etudes」より8. Finale 

ニコライ・カプースチンはロシアの作曲家(2009年現在存命)。クラシックとジャズを取り混ぜたような親しみやすいピアノ曲を作曲しています。ローテンポな曲も味があっていいんですが、超絶技巧の曲は本当に息をのむような迫力があります。

練習曲Op.40という8曲からなる曲集があるんですが、カプースチンの中ではこれが一番好きです。そして一般にも人気がある曲集です。

今はいい時代になったもんで、YouTubeやニコニコ動画がJASRACに許諾料を払い始めたので、著作権が切れてない曲でも自分で演奏(早い話が、CD音源使わなければOK)すればアップ可なので、趣味などで楽器やってる人などが人の曲演奏したのを掲載し放題ということ。

だからほら、俺の好きなOp.40の第8曲(フィナーレ)もいろいろ演奏が選べる。まあ大体がアマチュアやから演奏水準はともかく、お金がなくても聴き比べができる。
例えば下のようなのがありました。


※これはカプースチン自身の演奏。このCDが俺の愛聴盤です。当然のコトながら演奏は完璧。メリハリも最強。


何か打ち込みっぽくもあるけど、努力賞的。うめき声なんとかしてくれよw


なかなかメリハリがあっていいですね。でもところどころ急ぎすぎのような。


速い。再生速度いじってるんちゃうか。音質悪いけどすごい迫力。でも音ぶつかってないかそこかしこで。


これは確実に再生速度いじってるやろ。不自然すぎ。音密度高すぎで駄目。速けりゃいいってもんじゃないでしょ。しかもミスタッチけっこうあるよ。


あとはCDでアムランの演奏があるらしいけど未聴。


自作自演集「8つの演奏会用エチュード」自作自演集「8つの演奏会用エチュード」
(2004/11/17)
カプースチン(ニコライ)

商品詳細を見る


最初の動画のとジャケット違うけど同じ演奏のはず。何回か再販されてるからね。


うわー俺の好きな1曲のみに絞って記事書いてもたな。超ニッチ。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。