次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

越さない 

もーおれ年越さない! 年越さない!

と言ってる少年が1月1日0時ジャストにワープして消える、という漫画がある。吉田戦車の4コマに。


親はそれを見て「そのうち越すだろ」と淡白。

以上。


つまりいいたいことは何かというと、いいたいことなど何もないということ。

あと「としこさない」を変換すると、「トし越さない」で変換確定できなくなり、IMEが閉まんなくなるというバグがあります。年を越さないことはIMEにも否定されるということですね(一回「トし」で変換確定させると回避可)。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ: 雑記

[edit]

PAGE TOP

iTunesからWinampへ移行するときの障壁とか障害とか 

ライブラリが20000曲を超えた頃から、iTunesが目に見えて動作不良をおこし始めた。遅いだけならともかく、曲中に混ざるブツブツノイズ。明らかにメモリ不足が原因なので、より軽そうなWinampに全移行を検討。丁度折よく、WinampがiTunesのライブラリをインポートする機能が標準装備された上(Ver.5.55から)、iPodとの同期もWinampで出来るようなので、渡りに船と導入してみたわけです。

しかしまあ、やっぱり管理元が違うから、これまで出来てたことが出来なくなったりややこしい。具体的に挙げると、この辺でつまった。解決法があれば教えて頂けると幸いです。超喜びます。


1.コンピレーションアルバムの指定ができない。
だからアートワーク表示しようものなら、コンピレーションに参加してる人数分アートワークが表示され、使い勝手も視認性も悪い(あ、Winampやとアルバムアートか)。
artwork.png
こんなんなるもんな。せっかくジャケで曲選び出来るかと思ったのに、これじゃちょっと。


2.アートワーク引継ぎに難がある。
そもそもiTunesで登録されたアートワークが、Winampに取り込むときちんと表示されない例も多い。特にAmazonあたりから引っ張ってきて貼り付けたのとかは、かなり消えてる。ファイルにアートワークが埋め込まれてないからなんだけど、かと思うと表示されるのもあって、その差がわからない。もう一回何万枚のアートワークを貼りなおす気にはなれないので、現状放置。


3.アートワークを設定すると2回に1回はダウンする。
もうしゃーねーから、これから追加する分くらいはWinampで設定するかと思いきや、アートワークをアルバムに一括設定しても、1曲ごとにいちいちOKをクリックせなならんからうっとーしい(1曲目だけOKであとはキャンセルでも適応されるらしい、2010.1.11追記)。しかも、高頻度で設定中にダウンする。これはうちのVista君が悪いんかも知れんけど。

→楽曲一括選択の上、右クリック→「ファイル情報の表示」からアートワークを設定→1曲目の表示画面でOK、2曲目でもOK、3曲目でキャンセル、とすると、一応フリーズすることはなくなった。(2010.1.11追記)


4.購入楽曲は初期状態では聴けない。《解決可能》
iTunesで買った(ないし無料ダウンロードで落とした)楽曲はM4Aファイルなので、初期状態ではWinampで再生できません。でもこれはM4Aのプラグイン(このサイトのin_m4a.zip)を導入すれば、聴くことは出来るようになります。ただしファイル情報表示などは出来ないので注意。


5.楽曲追加日時、再生日時が一部変。
2038年に再生したことになってたり、楽曲取り込み日が1970年だったりする。無理やろ1970年に取り込みは。たぶんメタデータの読み取り方式が違うせい。あとiTunesの「最近追加した項目」は、プレイリストのインポートで使えるようになるけど、上書きされないので、iTunesで更新された場合一回消さないと最新にならない。


6.iPodに追加したい曲、除外したい曲を選ぶのが若干面倒。
「最近追加した曲」から一括追加とかはできるやろうけど、基本的にドラッグ&ドロップでの追加になるから、あんまり大量にあると面倒。ただ多分、これは慣れるとiTunesの方式より楽かも。


7.たまに音にノイズがのる
聴き取れるか否かくらいの、ちょっとしたノイズがのってるように感じるときがある。サビ部分とかで高温が強くなると、特に目立つ。これは致命的やぞ。せっかく変えたのにこれじゃ意味ねー。

でもジャンル別の曲数とかは一目瞭然なので便利。どこのジャンルに曲が集中してるかわかるしね。

あとリプレイゲインとかも導入したいんやけど、やり方がわからん。まあ今度でいいや。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

アマチュアはプロ化しプロはアマチュア化する 

単にレベルの差がなくなるから、相対的にそう見えるだけだろうけども。

300ドルでCG映像を作ってYouTubeにアップ → 5日後にハリウッドから30億円のオファーが!



あのハリウッドもこういうオファーをするくらいなんだから、むしろ今ハリウッドでCGやってる人は無能なほうから捨てられそうやな。
しかしこの映像すごいな。ホンマに300ドルで作ったんか。


ということで、今日はアマチュアなのにレベル高いなと個人的に感じたのを片っ端から探す。



「温泉と酒で気分は祭りよ」(「旧地獄街道を行く」アレンジ)

東方って名前しか知らないけど、音楽スゲーな、なにこれ。ソフト音源でオーケストラもてることがどんだけでかいか改めて感じる。
オーケストラ音源といえば、Vienna Symphonic Libraryっていう世界最高レベルのソフト音源があるんだけど、絶対使いこなせないと思う。ただ使いこなせたら、おそろしい音が出せる。フルセットで100万円以上するし、550GBくらい容量あるけど。きっと完璧に使うなら、パソコン数台いるやろな。


でも使ってる人いるのね。ストラヴィンスキーの「春の祭典」再現。なかなかすげー。


それとは関係ないけど、アニメ分野ではこの辺がなかなかプロに近づいた出来。



でもやっぱこういうの作るのって芸大の人なんよな。さかなのうたも卒業制作やし、PerfumeのMVもか。



えーでも絵ならもっと敷居低いし、すげー人いるだろと思ったらいた。

梦画々々

まずトップのGIFアニメがおかしい。すごすぎ。で絵もおかしいんですけど、なにこれ

あれだわ、世界に暇人が増えるといいこともあるんですね。こんな絵を描いてくれる人が出てくるんだから。ちなみにこの人、pixivの自己紹介では中学生って言ってるけど、絶対嘘やと思う。2005年から活動開始してるし。これはあくまで一例ね。さらにすごい人なんぼでもいる。



あとこんなのも見つけた。



ストーリーや構成の既視感とか、こまかい粗とかはともかく、自主制作ではかなり美麗な方のグラフィック(静止画像メインとはいえ)。ストーリーや音楽が死ぬほどコテコテなので、ちょっと個人的には見てらんねーんだけど、アマチュアでもこれくらいのアニメは作れるぜってことで。ちなみにPart2もあります。


こういうの見ると多少なりとも創作欲が湧くかなーと思いきや湧かん。どうしたよおれ。

むしろこういうの↓を見たほうが気が抜けていいかも。あんま高レベルなのばっかりに触れてるとしり込みするから、この辺からはじめましょう。



気楽にやるか。


FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

Y2域における記憶捏造系の現象について 

夢をきちんと記憶として貯蔵すると、寝ている時間の記憶も増えていくため実際に起きているときの記憶に加え、睡眠時の記憶も得られるため睡眠による経験遮断時間を少なくすることが可能になる。

目が覚めたらなぜ「夢」は忘れてしまうのか?

とはいっても基本的に夢を完全な形で貯蔵して記憶と同等のものにすることは不可能に近い。そうとはいえ、実際の記憶にしろ時間と共に印象が減衰していくものだから、薄まった記憶と意識的に貯蔵しようと試みた夢とは同等のものになりえるとも考えられる。


そこで一つ大切なこととして、夢の中でしばしばみられる非現実性を否定しないことが必要となるだろう。

例えば高校の教室にて、机と椅子が並んでるんだけど後ろの席の方には一面水たまりが出来ており、赤いタナゴのような魚が泳いでいるらしく、そこで自分は釣竿に虫のような餌をつけて投げると虫のようなのが食いつきはねて、「この辺ではコモリくらいしかおらんやろな」と友人探しを行う、で大学時代の友人がその向かいに立っていた、と夢がある(実際に見た)。

夢なら平気でこのくらいのことはある。ただその夢を覚えるためには、出来るだけそれを忠実に焼き付けて、現実的な解釈を入れて補正せず、あったこととして記憶しないとすぐに消える。うまく固定できた場合、その夢を思い出すだけで空気感まで思い出せる。

特に難しいのは、通常一回寝ると数場面の夢を見るようで、そのつながりが不明瞭であることが多い(なにせ場面とか近くにいた人とかがいつの間にか切り替わってることもざらだから)。何回かに一度はそれをかなりつなげて覚えられるけど、相当難しい。これはまだ訓練がいる。

基本的に意味不明な、解釈不能なことは、現実の記憶に照らし合わせて、もっともらしいつながりに勝手に修正されることが多い。そのチェック機構をいかにして無効にするか。


夢への興味は尽きない。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 最高難易度

[edit]

PAGE TOP

頻度が高いぞここんとこ 

いつくらいから感情が平坦になり始めたのか、はっきりとは覚えていない。きっと2年位前からだと思う。一時回復傾向にあったものの、かりそめだった。

といっても、ここ何年かの感覚的、思考的な変化は、意識できる部分だけでも結構大きい。顕著なのが、熱意や感動のエリアが減衰方向にシフトしていること。熱意や感動を引き起こすのに必要になるエネルギーは増大しているくせに、熱意や感動の絶対値は小さくなっている。感動や情熱が薄まってきた。感動のために代償を払いたくなくなるほどに。当然、この状態はつまらない。面白いわけがない。感動のためにエネルギーを割かないんだから。


あと、心を動かすものが定型化し、それにそぐわないものに対する感性が鈍る一方。ヤバいこれ老化やん。若い頃に好きだったものと、それに似たものばかり求め、新しい感性を取り入れられなくなるというガンコジジイ的興味回路。これは音楽や芸術についても例外じゃなくて、明らかに感動レベルは落ちてるしジャンルも狭まりつつある。まだ今なら間に合うかもしれないし、手を打たないとマズイ。


例えば旅行とか全然興味ないけど、このまま興味ないままあと5年くらいしたら、より興味なくなる気がする。楽しみを見出すためには、楽しみを見出す訓練がいるんだろうけど、そんなもん経てこなかったしね(面倒臭いと感じることばかりだった)。「旅行は楽しいもの」という価値観というか感性を持てず、より遠ざかる。他の多数のことに対してもそれが同時進行している気がする。ひょっとするとそれが大人になることなのかもしれない。でもそんな大人より、好奇心や興味を常に強く持つ大人でありたいと思う。そりゃ興味とかを絞り込んでそれに注力するほうがうまくいくだろうけど、どうもそれがなじめない。


ただし問題なのは、こういう興味減衰状態へのシフトが、おそらく自衛的な動きとして起こったものであるということ(ここを書くためにこの記事を書いている)。いろんなことに興味や好奇心を持ち続けるということは、そんなに簡単なことじゃない。すごいエネルギーと時間を消費する。それが空費と感じられるようになると、そのエネルギーを節約する方向に走るはずだ。その結果として、感動も熱意も薄い、ひとつの人間が形作られる。これは適応の一種であろうし、そういう生き方を否定することはしたくない。戦略の違いなのだから。

といっても、戦略といっても、今の好奇心衰退状態へのシフトは、自分で選んだという性質のものでもない。その状態に陥りつつあるということに気づけなかった自分の怠慢があるとしても、それのみが原因とは言いがたい。そもそも好奇心や興味が満たされることのほうが少なく、感動や精神的充足を得ようとしても得られなかった体験が積み重なった結果、得られないものを求めなくなっていったんだと思う(それもおれの間違った努力のせいだったろうか)。特に人間に対しては淡白になった。

得られないもの、得られるかどうかわからないものに対して力を注ぎ続けるのは難しい。しかも目的が具体化しない(具体化させない)おれの場合、求めているものがなんなのか、どうやったらそれ(もしくはそれに近いもの)が得られるのか、ハッキリさせることも出来なかった(物質的な問題じゃなく)。

でおそらく2年ほど前に、諦めようと、あまり多くの力を注ぐのをやめようと、どのみち手に入らない可能性の方が高いし(そもそも何を求めていたのかわからないし)、やみくもな力の空費をやめようと、そうしないと心身ともにもたないと、ゆるやかに判断した(と、ひるがえると思う)。


そうはいっても完全に諦めきれる筈もなく、もしかしたら何か得られるかもしれないと小規模な抵抗はしていた。当然ダメだった。近場の防波堤にチャリで行って、どこでも手に入る竿と針に適当な餌をつけて投げても、遠洋を泳ぐカツオなど釣れるわけがない。


だけど、ライフジャケットを着て、沖合いに船を出して、頑強な道具をそろえて、荒波の中に針を投げ込む、それだけの力がおれにはなかった。いやあるいは、狙いがカツオだとわかっていれば、少々無理して行ったかもしれない。だけどおれはそこまで力を注ぎ込んで、何を狙うのかすらわかっていなかった。「とりあえずどこかにいるかもしれないすごいらしい魚」を釣るために、自分の身の丈を超えた力を注ぐ人間はいないだろう。しかもそもそも魚に興味がないとすれば、それこそ全ては力の空費に他ならない。


きっとありあまっているだろう好奇心のぶつけどころがわからないし、「とにかくなにか面白いもの」を探すのにもう疲れている。だったら好奇心を作動させているエンジンのキーをひねって、運転を止めたほうがガソリンを空費しなくてすむというものだ。アイドリング状態でほっといたり、これといって目的もないのにそこらへんを走り回っていると、すぐガス欠になってしまう。しかもおれのガソリンスタンドは半分壊れてるみたいで、何かうまいことガソリンを補充できない。誰かがガソリン積んで持ってきてくれるわけでもないし、貯蓄分のガソリンもつきかかってる。


そうなると仕方ないから、感動のレベルをさげるほかない。いちいちいろんなことに感動してると、疲れる。ガソリンを補充できないのに使いまくってるわけにもいかない。最低限のエネルギーレベルで、なんとか完全に運転を止めないように維持している。そしていつも、おれのガソリンスタンドのタンクに残ったガソリンが、そろそろなくなるんじゃないかとびくびくしながらすごしている。


きっと充足に結びつかない熱意や情熱を持ち続けて、ガソリンをあるだけ空費していたとすると、もうすでにおれは完全に運転できない車になっていたと思う。そうなればスクラップだったろう。また鉄の塊に戻って、とっくに別のものになっていたことだろう。都合よくまた車にされるとは思えないし、きっとクリップとかだ。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 雑記

[edit]

PAGE TOP

ほんとない 

湯川潮音を聴いてると、なんというかせつなーくなってきて、耐えがたい心持ちになったので、瓜生明希葉を聴いて少し中和している。いい曲なんだけど、中和効果はうすい。もう寝るか。

P1010316.jpg
ハクセキレイ Motacilla alba lugens(シャッタースピード1/1000秒)
Creative Commons License

なぜか油絵調の写真になった。撮った時の光が強すぎたのかなんなのか。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 雑記

[edit]

PAGE TOP

カラオケ欲が歪んでいる 

ここんとこカラオケ行ってない。しかもカラオケに行けない理由がなんかこじれてる。

1.一人カラオケ行きやすい店がなくなってきた。
2.歌いたい曲がカラオケに入ってない。
3.だから歌える曲がマンネリ化。
4.最近歌ってないからうまく声が出る気がしない。練習したい。
5.誰かと行くと選曲やなんやで自由度が下がるので、微妙にストレスたまる。

4を解消するために一人カラオケにいこうにも、1が邪魔をしている。最近ホンマに、一人やとフリータイムでも2,3時間で追い出されるからな。じゃあ誰かと行けば、と言われても、4と5がひっかかる(とにかく存分に、気兼ねなく練習してえ)。あと、そもそもの動機として2とか3がすげえうっとおしい(相対性理論くらい入れてくれよ)。


ならもう、在宅カラオケしかないのか。んー、一軒家じゃねーからなー。

こんなのとかあるけど。


カラオケJOYSOUND Wii DXカラオケJOYSOUND Wii DX
(2009/11/26)
Nintendo Wii

商品詳細を見る



まずWiiを買わなきゃ。しかも曲は有料。初期投資を考えると、普通にカラオケ行ったほうが安いわ。

あーもー、歌唱欲満たすのに、なんでこんな面倒なんだか(さっさとジャンカラでも行けよ)。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 雑記

[edit]

PAGE TOP

LUMIX DMC-FZ28 試写中 

Twitterでしか言ってないけど、ついこの前カメラを買った。型落ちだけど安かったし、必要なスペックは十分かと思われたので(でもその後で見たら、さらに1500円くらい値下がりしてた……)。

前のがオリンパスのFE-210(とりあえず安いのを買った。)だったから、それに比べて出来ることが倍増してる。ピントは自由にあわせられるし、ズーム18倍だし(デジタル使えば85倍)、FE-210がトイカメラ的扱いに格下げになった。そら、その辺でちょっと居合い撮りする分には、手っ取り早いしまだ有利なんだけど。


シャッタースピードもいじれるから、夜景とか夜空も撮れるろうと実験。

P1010179.jpg
18倍×2.7倍デジタルズーム、シャッタースピード1/640秒
Creative Commons License

hoshi.jpg
シャッタースピード25秒、三脚使用
Creative Commons License

※ブログ用に少々サイズを小さくしてます。

おーなかなかいけるね。二枚目は、肉眼で見えてない星も写ってる(ちとぶれたけど)。月は1/640くらいじゃないと写らんのな、明るすぎて。出来ればデジタルズームは使いたくなかったけど、18倍やとさすがにちょっと小さかった。

シャッタースピードは最高60秒までいけるので、今度さらにブラッシュアップする予定。


あとこの前、ヒドリガモがいたのでとってみた。さすが18倍、今度はフラッシュスピードをマニュアルにしてみよう。(これはオス)
A penelope
シャッタースピード1/100、トリミング済み
Creative Commons License

ちょっと今回、Creative commonsのライセンスを導入してみた。別に必要ないかなとも思うけど、ま一応。これ継承を入れようか考えたんだけど、この写真についてはとりあえず見送り。


でも普段撮ってるのは、これまでと大差ない。こんなとか。
P107.jpg

この手の写真にもライセンス付けしたほうがいいかもしれないけど、どうしよかな。もうFlickrに移管するか一部。そっちでライセンスを付与しよう。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 写真系

[edit]

PAGE TOP

音楽好きでも、年代が違うと難問になるクイズ 

問1058
以下のバンドで、日本のバンドではないバンドを2つ答えなさい。

BOØWY
HOUND DOG
JAPAN
SHOGUN
ECHOES
THE BAND
THE BAND HAS NO NAME

主に70年代から90年代にかけて活躍してたバンドだから、00年代以降の音楽好きには少々難しいやもしれない。でも当時の音楽好きには有名なバンドをもってきたつもり。年代差隔絶ってひどかったりするからね、音楽の場合。

ある年代以上はグレープとかオフコースとかいってたのが、いまやさだまさし(元グレープ)と小田和正(元オフコース)と言わなきゃわかんないという。


荒井由実なんつっても話できそうにないな。ユーミン(松任谷由実)って言わないと。

-- 続きを読む --

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。