次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

歌詞評価強化週間第七週 

第一週
第二週
第三週
第四週
第五週
第六週

まだやるか歌詞評価強化週間。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

生物学の学生はどこへ行く 

吐き気もしてくるような状態ですが、何かしら書くくせを取り戻そうと無理に書く。

ヒビコレアラタなる生活。 - バイオ系の進路。

2chのピペド批判テンプレにも載せられてしまったうちのこの記事で、生物学というか分子生物学の現状について触れてますが、こっちのブログでは生物系に進んだ大学生、大学院生の進路やらも含め、実情を綴っている。t-twofaceさんの「皆殺しの天使」がなくなってしまっている現在、その一端を知るうえで非常に貴重な話です。「皆殺し」より穏やかにかかれてますが、研究職を目ざすなら生物学科、ひいては理学部はやめておいたほうがいいのではとやんわりと言っている。見たところ、(控えめですが)ほぼ実状を反映させた文章になっているので、バイオとか生物の研究とか興味ある高校生にも読んで欲しいですね。これまで言われていることとそう差はないですが、まとまっているので読み易いです。


実際はこれでもぬるいかもしれません。書かれていないこともたくさんあります。そのへんを赤裸々に書くと「皆殺し」の二の舞かもしれません。ただやはり、「皆殺し」には多少の意味があったと思います。知らないことによる不幸をなくすためだけでなく、これからの生物学の発展について、それを学ぶ学生の現状を知った上で、建設的な議論をする足がかりになる可能性があったわけですから。

「皆殺し」が閉鎖してから1年経ちましたが、残念ながら後者については特に目立った動きがないようです。単にピペドを忌避、軽蔑、自虐する動きだけが、ネットの一部でぽすっと噴出したに過ぎません。生物学を発展させることは、もとより娯楽のような面があるので仕方ないかもしれませんが、これではあまりに報われません。いわゆるピペドとしてわが身を嘆く学生にとっても、生物学の研究者を志すこれからの世代にとっても、生物に興味を持って、生物系学科への進学を考えている中学生、高校生にとっても、だれにとってもいい傾向ではありません。今この分野にしがみついて定年まですごすことを願う教授にとっては、自分らの研究室に人が来なくなるような話を議論されては困るでしょうが、それが唯一の例外でしょう。


私の大学の理学部は、基礎研究者を育てるのが基本的スタンスです。
1人の天才と99人の凡人を育てる学部です、と入学式の訓示で言われたほど。
博士進学学生にはできる限りの補助をしようとしますが、
就職する学生には、何の補助もありません。


上で紹介したブログから引用しますが、理学部にはこういう側面があります。1人の天才になれなければ、社会的に非常に不利な凡人になりかねないのです。

生物系分野に限らず、どこの分野でもいろいろ問題は有るでしょうが、安易に生物の授業が好きだったからと言って生物系にすすむのは、あまりにリスキーです。ちなみに就職については、こんな統計もあります。

学生の採用活動に関する企業調査【理工系】(09卒)

これを見ると、理工系の他分野と比べて、企業でいかに生物学の研究開発ポストがないかわかります。特にこれ


おれは生物学が好きです。もっと発展して欲しいと思っています。放っておいても勝手に進歩するでしょうが、その世界に関心がありつつも、現実的な理由であきらめていく未来の天才を逃していては、進歩の速度はきわめて遅くなるでしょう。


しかし地球科学はもっと大変だろうな…。ある程度それを覚悟して入ってると思うけど。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

Infoseek iswebライトのサービス終了に伴い消えたサイトをアーカイブしているサイトまとめ 

11月1日2:00(日本時間)から、インフォシークのisweb Lite(無料サービス)に公開されていた全サイトの消去がはじまりました(公式サイトのお知らせ)。このため、長らく更新されていないサイトや、移転をしていないサイトについては、一斉に消されてしまいました。

なにせiswebには相当数の個人HPがあり、ウェブの情報が文化とか情報資産として認知されはじめているということもあって、多くの人がサルベージを試みたようです。もちろん、自分の好きなサイトを残したいという人も含め、消滅寸前まとめて救出されているサイトも多く、ウェブ上にそのアーカイブが集まってきているようです。

本日時点で確認できたiswebサイトのアーカイブ一覧。当然これらのアーカイブも、いつなくなるかわからないので、残しておきたいサイトは早めにダウンロードして起きましょう。

アーカイブ

*http://goggole.dip.jp/infoseek/
100サイトほど

*http://ifs.nog.cc/
400弱。

*http://www36.atwiki.jp/infoseeksalvage/pages/14.html
まとめwiki。23時時点で50ほど。

*http://ifa.ath.cx/

23時時点で8サイト。

*filebank - nnnnews/infoseek
23時時点で100弱。ゲストもファイルをアップロードできるらしいので、アップしたい人は利用を検討してみてください。パスワードはニュー速の「いつもの」だそうです。

(2010年11月5日追加)
*http://www.infoseek-archive.com/list.html
500ほど。

番外

*Internet archive - The Wayback Machine
ここの「Internet archive - The Wayback Machine」にある入力欄に、サルベージしたいページのアドレスを入力して、「Take me back」をクリックすると、もしアーカイブされていた場合、アーカイブ時点でのHPが表示されます。残念ながら画像などはない場合があります。iswebのサイトも結構保存されている可能性があり、とりあえず試して見るといいかも。ただし遅いです。


個人でも大量にデータを保存できるようになった今、アーカイヴしやすい環境が整っていることもあって、さすがに動きが早いですね。ただしまだごく一部しか救い出されていないでしょうし、このページのリストにも随時追加していきます。ここでもサルベージしている、という情報があれば、是非お願いいたします。リストに反映します。

国のプロジェクトとして「消失したウェブサイト」というプロジェクトもありますし、ジオシティーズが消えた際には、Geocitiesの全Webサイトを収めた900ギガバイトのトレントができたらしいので、iswebもウェブ遺産としてどこかに残っていて欲しいものです。ウェブ遺産を有効活用できる技術も早急に求められますね。

FC2 Blog Ranking

カテゴリ: 文藝美術文化

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。