次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

一方的にファンです――コトリンゴ with ザッハトルテ@ラフレア 

ここ2年くらいライブ行ってなかったんやけど、先週のmudy on the 昨晩に続きコトリンゴライブ。

おれはコトリンゴさんの熱心なファンとは思っていなかった。CDが出たらまっさきに買うってわけでもないし、ライブに欠かさず行くわけでもないし。でもやっぱり、数多くいる音楽家の中で特別な存在ってことを再確認した。

このブログでコトリンゴのファーストアルバムについて書いたことがあったけど、その時書いた「音楽に疲れたときは、この音楽を。」という感覚を今でも覚えている。

コトリンゴの曲を聞くと、音楽に対して感じるあらゆる種類の感動を全部思い出せるような、不思議な感覚になる。言い換えれば、音楽が持つ一番根源的な感動を呼び起こしてくれる。
楽しさ、かわいさ、かっこよさ、切なさ、興奮、リズム、音、声、和音、予想外のメロディ、ビート…ピアノと声だけでそのすべての要素をつきつけられる。聞いているこっちは涙を流して感動するしか出来ない。

いろんな種類の音楽を浴びるように聞いていると、どんな名曲を聞いても、それほど感動を覚えなくなることがある。感動し続けることはできない。感動疲れしてしまうんだろう。そんな時にふとコトリンゴのささやくような声とピアノを聞くと、そう、この感覚、というふうになる。

個人的な思い出がある曲でなくても、それこそ聞いたことがない新曲でも、コトリンゴの曲を聞いているとその声と音で身体がしびれているのがよくわかる。こういう種類の感動を与えてくれるアーティストはそういない。

なんと最初のアルバムについてのレビューを書いてからもう6年も経っていた。たくさんの曲を聴き漁りすぎて、コトリンゴさんの活動をつぶさに追えていないような体たらくですが、でもやっぱりここに戻ってきてしまう。一方的にファンです。




ちなみにザッハトルテは初めて聞いた、ギター、チェロ、アコーディオンのトリオ。あるときは愉快な作風、ある時は昭和レトロ、ある時は洗練されたかっこ良さ、ある時は民族音楽風と、多彩な作風で楽しめました。あと、バンドネオンとアコーディオンを混同してるおれにアコーディオンの魅力を語ってくれた、隣の席の奥様、ありがとうございました。
mudyの時もやけど、ライブ行くたびにフォロワー増えるってのはこれまでにない傾向やな。

うろ覚えトラックリスト(順番違うかも+曲名違うor抜けあるかも)

ザッハトルテ

キンメギンメ
僕の左手 君の右手
曲名なし
ポーリーセット
蛇使いとお姫様



コトリンゴ

雨の日
Let me awake
ツバメが飛ぶうた
みっつの涙
こんにちは またあした
minoru
tiey tiey tea
恋とマシンガン
おいでよ
テーラー兄弟
(不明)

Preamble(アンコール)
おへそと涙のパレード(アンコール)


ツバメ・ノヴェレッテツバメ・ノヴェレッテ
(2013/01/16)
コトリンゴ

商品詳細を見る


ビストロ オンゼビストロ オンゼ
(2012/05/13)
ザッハトルテ

商品詳細を見る


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。