次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

新規作成 

ここには、あついところがすきな人と、さむいところがすきな人がいます。

あついところがすきな人は、みんなであつまってあそんでいます。
みんなであそぶとさらにあつくなるので、どんどんあつさになれていきます。
さむいところがすきな人は、一人でそれぞれすきにすごしています。
一人でいるとますますさむくなるので、さむさが平きになっていきます。

ある日、あついところがすきな人たちのあつまりに、さむいところがすきな人があそびに行きました。
あついところがすきな人たちは、さむいところがすきな人をかんげいしました。
そしてみんなでわいわいとおしゃべりをしたりゲームをしたりしてあそびました。
さむいところがすきな人は、たのしくじかんをすごしました。でも、じかんがたつにつれて、あついとかんじるようになってきました。
あついところがすきな人たちは平きでした。それどころか、あつくなってさらにたのしくなってきました。さむいところがすきな人は、あついことにつかれてきて、だんだんたのしさもかんじられなくなってしまいました。
あついところがすきな人たちは、さむいところがすきな人をきにかけながらも、おしゃべりをつづけてもり上がりました。
さむいところがすきな人は、あつくてたのしくなくなってきて、だんだんそこにいづらくなってきました。そして、もうかえらなくちゃ、と言って、さむいところがすきな人はいえにかえることにしました。
さむいところがすきな人は、ドアをあけていえまであるいてかえりました。外のかぜのつめたさに、ほっとしました。
あついところがすきなみんなはあかるく見おくってくれました。そして、たのしいおしゃべりをつづけました。

つぎの日、あついところがすきな人の一人と、きのうと中でかえったさむいところがすきな人が、たまたままちであいました。ふたりはちょうど同じほうこうにあるいていました。
あついところがすきな人は、さむいところがすきな人にはなしかけました。さむいところがすきな人は、それにこたえました。そのあとすこしのあいだ、二人ともだまってあるきました。
あついところがすきな人は、ちょっとさむいなとおもいました。そのことをさむいところがすきな人にも言うと、さむいところがすきな人は、そうかなとこたえました。
そのあともまたはなしがとぎれました。あついところがすきな人は、はなしもせずにあるいていると、どんどんさむくなってきました。
二人ともだまってあるいていると、みちがふたつにわかれていました。さむいところがすきな人が左にまがろうとしたので、あついところがすきな人は、本とうはじぶんも左に行くつもりだったけど、ぼくはこっちに行くんだと言って、右にまがりました。バイバイ、またね、と言って、二人はそこでわかれました。

さむいところがすきな人はさむさになれて、あついことがにがてになりました。だからどんどんさむいところにばかりいるようになりました。
あついところがすきな人はみんなとあついところにいるのがたのしくて、さむいことがこわくなりました。だからいつもだれかとあそぶやくそくをしていました。

そんなある日、さむいところがすきな人に、あたらしいともだちができました。
そのともだちは、あついところがすきな人といるときも、さむいところがすきな人といるときも、同じようにたのしそうでした。
さむいところがすきな人は、それはどうしてなの、とそのともだちにききました。
ともだちはこう言いました。

あつい時はうわぎをぬいだらよくて、さむい時はうわぎをきたらいいんだよ。

なるほどそのともだちは、さむいところがすきな人とはなしている時は、あたたかそうなうわぎをきていました。あついところがすきな人のところに行く時は、これをぬいで行くんだよ、とともだちは言いました。

なるほど、そうすればいいんだ、とさむいところがすきな人はおもいました。
そうすればあつくてもさむくても、たのしくあそべる、とおもいました。


でもさむいところがすきな人は、うわぎをきていなくてもさむくありませんでした。だからあついところに行く時に、うわぎをぬぐことはできません。

でもぼくはうわぎをきていないよ、とさむいところがすきな人は言いました。
ともだちは、ずっとさむいところにいたから、そういう体になっちゃったんだよ、と言いました。

それならと、さむいところがすきな人は、ずっとさむいところでくらそう、とおもいました。

でもある日、さむいところがすきな人は、まわりのみんなから、このさむいところから出て行ってくださいと言われました。
もちろんさむいところがすきな人は、いやだと言いました。でもまわりのみんなは、まい日まい日、出て行ってくださいと言いました。このさむいところじゃなくて、あついところでくらしてください、と言いました。

どうしてなの、とさむいところがすきな人がきくと、まわりのみんなは、みんなこう言いました。


それはきみがおとなにならなければいけないからだよ。


さむいところがすきな人は、どうしていいかわからなくなりました。そしてなみだをぽろぽろながしました。それでもまわりのみんなはゆるしてくれません。
あついところはたのしいよ、いつまでもさむいところにいたらかぜひくよ、おいでよ、みんなと一しょにあそぼうよ。

でもさむいところがすきな人は、ぬげるうわぎをきていませんでした。だから、あついところにどうしてもなじめませんでした。


そうしてまた、さむいいえへかえって、一人でなきました。もうすこししたらこのさむいいえを出て行かなければなりません。さむいところがすきな人は、いつまでもなきました。


でもつぎの日から、さむいところがすきな人はけっしんして、うわぎをきるれんしゅうをはじめました。


FC2 Blog Ranking希望を持たせる終わり方って、これであってるかな。
スポンサーサイト

カテゴリ: 文藝美術文化

[edit]

PAGE TOP

コメント

「あたたかいところ」を探せばよいのでは。

193 #- | URL
2008/12/19 15:03 | edit

さむいところに適応した魚は、人肌に触れてもやけどをするんだとか。うーん何が言いたいかというと、さむい所になれた人は、あたたかいところにも上手く甘えられないということで。

KETIPA #DpteqmN2 | URL
2008/12/19 16:51 | edit

ヒトは魚類ではない。
恒温動物だ。
たとえそれがクマでも。

193 #- | URL
2008/12/19 20:19 | edit

あたたかいところは、あついところに少し近いからね。

とにかく、あまり甘えられずに育ってくると、上手く甘えられなくなるてのは、経験的にあると思う。恒温動物でも、ホッキョクグマは熱帯で暮らせるかどうか。


(何か怒られてんのかな…)

KETIPA #DpteqmN2 | URL
2008/12/19 21:51 | edit

ホッキョクグマは日本の動物園でも元気に暮らしてるんだけど、まぁそれは置いといて。

また鍋でもしましょう。ぬくぬくと。

(新年になるかもしれないけど…)

193 #- | URL
2008/12/19 22:51 | edit

慣れると結構いけるみたいやね。夏はさすがに暑そうにしてるけど。

なべ、しましょう。楽しみにしてます。

KETIPA #DpteqmN2 | URL
2008/12/20 10:59 | edit

ほとぼりの冷めた所で、、、

いいじゃん。主人公(?)の切実さが伝わってくる。何より視点が面白い。


誰のことを指しているかは知らないが、一つの物語として見るならば、

「順応して普通に生きられるようになりました」よりも、
「生きる為の道を模索し始めました」という方が、

この先、更に面白い展開が見込めて、逆に希望がもてる気がする。
人生という物語は、順風満帆よりも、波乱万丈の方は面白い、とか?

自分が変わるのか、世界を変えるのか、新天地を見つけるのか。
まだまだ道の途上にして、物語は終わらない!

物凄く、夢と希望、そして浪漫に溢れてるじゃないか。


ちょっと偉そうにコメントしてみました(笑)

ゆうれい #2pQ6EVmw | URL
2008/12/21 20:04 | edit

はじめはこの話「温度差」がテーマだったから、あんまりいい結末になりそうにないかなと思ってたんやけど、意外とそうでもない終わり方になったな。
まあ個人的には、これは先の見えない苦悩の始まりだという気もするから、希望とかがあふれた結末とは思ってないんやけどね。

書いてるうちに意外と物語が勝手に変形していったという感じでした。読んでくれてありがとう。えーと、褒められてるんかな…?

KETIPA #DpteqmN2 | URL
2008/12/21 21:00 | edit

いいんじゃない。「希に望む」と書いて希望だし。
希望に溢れてたら、そりゃ希望じゃないって。

私は誉めるのは苦手だけど、きっと誉めてるよ。

ゆうれい #2pQ6EVmw | URL
2008/12/21 22:04 | edit

そういうことにしておこうか。

褒められたらしいので、あらためてありがとう。

KETIPA #DpteqmN2 | URL
2008/12/21 23:18 | edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/111-6a033ffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。