次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

流行っているかはどうでもよくて 

M-1グランプリは、おととしくらいからちゃんと見るようになったけど、いろいろと面白い番組ですね。ネタが、というのもあるけど、あくまで面白いほうが上だという、華やかなようで泥臭く厳しい芸人の側面を見ているようで。
とにかく去年がすごい白熱したので、今年も敗者復活枠は気にしてたんですが、オードリーて。磁石とかは上がってこれへんのかな。

今回一番印象に残ったのは、キングコングが審査員に言われた「頭で漫才しているようで、ハートがついていってない」と評されていたこと。あれほど屈辱的な言葉はないでしょう。ただ、実際俺もキンコンで笑えなかったので、その批評はもっともだと思います。俺がキンコンなら、そんな言葉一生忘れへん。


正直今回は、ダイアンとNON STYLE(あとザ・ぱんち)でしか笑えなかったので、結果はまあ妥当だと思います(ザ・ぱんちは、ツッコミは個人的に好きなんやけど、M-1で通用するものじゃないと思ってたのでまあ…)。ただオードリーとナイツの評価が高かったのは、彼らが年配者受けする漫才をやったからじゃないでしょうか。あと師匠の顔とか。


以下はクラいので読まないこと推奨。読む場合は続きを。


とりあえず、いろんな本を読んで思ったのは、自分がどういう人間なのか、どうしてそういう性格、生き方になったのか、などはおおむねわかってきた気がするものの、それを生きよいように変える手段が全くわからないので、自分に劣等感と無力感を抱いて終わり、という最も嫌な結末に収束してしまいそうな気がしてきました。

やっぱり、文章は経験に取って代われないのな。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ: 文藝美術文化

[edit]

PAGE TOP

コメント

文章をこれまでの経験の代わりにするんじゃなくて、
文章はこれからの経験の糧にするものじゃないかな。

フィクションだろうと、ノンフィクションだろうと、
所詮は文字だけの世界に、実体のある己の感覚を委ねたら負けだとか。

「本は読むものであって、読まれるものじゃない」(by本の虫)

ゆうれい #2pQ6EVmw | URL
2008/12/23 13:01 | edit

>文章はこれからの経験の糧にするもの
そうだろうね。それは結構身にしみて感じるようになったな。

でも、己の感覚を文字の世界に委ねるというのは、正直なところどういう感じなのかわかんないッス。みんなはそうなるんかな。

KETIPA #DpteqmN2 | URL
2008/12/23 15:45 | edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/114-2016623d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。