次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

田部京子「吉松隆:プレイアデス舞曲集」 

日本人のクラシック作曲家というのは、クラシックの中でもとりわけマイナーな存在になりがちで、日本人ですら自分の国の作曲家をろくに知らないという状況です。そしてさらに言えば、器楽曲というのは交響曲などに比べてマイナーになりがちです。その二つをかけ合わせれば、とてもマイナーなクラシックアルバムが出来上がりというわけです。

そして今回題に挙げたものはまさにそんなアルバム。日本人作曲家である吉松隆のピアノ作品集です。これは吉松さんが作曲した「プレイアデス舞曲」の第I集から第V集までを収録したもので、VI集からIX集までを収録した続編も出ています。
曲は全部で30曲余り、1~2分の小品集になっています。どの曲もポロポロとした音色が特徴的な繊細な曲群で、どことなく無機質な雰囲気を漂わせる曲や温かみを帯びた曲など様々です。印象派のドビュッシーやモンポウなどに近い趣を持っています(この二人については、機会があれば紹介します)。
特に出来がいい(と個人的に思う)のは第IV集の曲で、「間奏曲の記憶」や「東に向かう舞曲」など、愁いを帯びたピアノの音色が静かな魅力を持っています。

ピアノは田部京子さんが弾いており、曲の魅力を存分に引き出す好演です。続編のVI集からIX集までには彼女のために書かれた曲も多くあるそうです。

入手は今のところ平易で、アマゾンなどで購入することが出来ます。普段あまり穏やかな曲を聴かない人には退屈に感じるかもしれませんが、静かさに潜む美しさを感じとることが出来るようになったら、このアルバム以外にも楽しめる音楽の幅が広がることでしょう。そのような入門編にするというのも一つの手ではあります。もちろん、紅茶を飲みながらのBGMにするのにも向いているでしょう。

プレイアデス舞曲集プレイアデス舞曲集
(1996/05/21)
不明

商品詳細を見る


吉松 隆 : プレイアデス舞曲集 2吉松 隆 : プレイアデス舞曲集 2
(2001/07/20)
田部京子、吉松隆 他

商品詳細を見る


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

コメント

ちょっと待ってください素敵過ぎます。

ふとしたきっかけでプレイアデスの音楽を聴いたのですが、その水底のような美しさに感動。ちょうどこのテンプレートのバックみたいな…?ハマりました。
近いうちに購入したいと考えています。

このブログをぱらぱらと拝見したのですが、なんだか素敵な記事たちですね。woshy-rueさんに共通できる感性を垣間見れて、ちょっと嬉しいな。なんて。

まよほら #32TY/qeQ | URL
2008/05/12 22:48 | edit

まよほらさん、いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

プレイアデス舞曲はあまり目立たないけど、本当に美しい曲ですよね。こういう繊細な曲は大事にしたいと思います。

記事を褒めていただきありがとうございます。まだまだ拙いところもあるかと思いますが、また見に来ていただけたらありがたいです。

woshy_rue #EBaVLG3E | URL
2008/05/13 16:34 | edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/13-6030076e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。