次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

aikamachi+nagie「radiant garden」 

どうにも更新が滞ってしまいます。モチヴェーションが不足しているのだと思います。皆さんこんなブログや日記を書くときに、どうやってモチヴェーションを維持しているのでしょうか。というよりも、ブログというものはほぼ毎日更新しなければいけないという固定観念を捨てるべきなのかもしれません。本当にいい音楽は、そう毎日現れてくるものとも限りません。

今回の表題作は、aikamachi+nagieというユニット(?)のアルバム。ジャンルで分けるなら、エレクトロニカや音響に分類されるのでしょう。アンビエントとは言い難いです。
しかしこの作品はそこらあたりにある4つ打ちのダンスミュージックとも、実験的前衛音楽とも、電子音を豊かに響かせるエレクトロニカ(テクノ)とも一線を画しています。このアルバムの楽曲は、ピアノや弦楽器、管楽器と電子音、声(歌ではないです)や打楽器などを融合させたものが多いです。それならどこにでもありそうなものですが、割合が違います。FreeTEMPOやJazztronikといったアーティストが、電子音:楽器で8:2くらいなのに対し、aikamachiはほぼ5:5です。ただしこれは曲によってまちまちで、生楽器ばかりのものや電子音ばかりのものもあります。aikamachi+nagieでは、ai kamachiさんが生楽器、nagieさんが電子音に精通しているようで、前者は現代クラシック作曲家の一柳慧さんにも師事しているクラシック畑の方、後者は若くしてキャリアを積んだサウンドエンジニア。だからこそこのような融合をなしえたのでしょう。

まずこれをプレーヤーにかけると、何かが生まれてくるような雰囲気の「Rare」が流れてきます。これはもう完全なエレクトロニカです。だからといって質が低いわけではなく、しっかり聴かせてきます。そのあとも、「Cello 'n' Bass」や「Silver Corridor」、「Lift For The Forest」などで、良質な器楽のメロディに電子音などをミックスして新しい世界を作り上げています。また、まるで久石譲のような「Gonna Rain」、Nu-Jazzなどに近い「Onibus para Rio de Janeiro」、声、楽器、電子音が渾然一体となって、なにか不思議な空間を演出する秀曲「the way from Nice」、タッチノイズが心地よい、ピアノ×エレクトロニカ「DOT」、このアルバム中最も素晴らしいと思える、木琴鉄琴や弦楽器が電子音と出会い、極上の夜を奏でる「獅子座流星群」。
全ての曲の余韻を残しつつ、ピアノ独奏曲「小さな約束」で静かに幕を閉じます。

クラシックもエレクトロニカも大好きだという方は是非聞いてみてください。Amazonなどで普通に買えます。町の小さなCD店ではあまり扱ってくれないのが残念です。大型店にはあるのでしょうか。

aikamachi+nagieaikamachi+nagie
(2002/08/05)
aikamachi+nagie

商品詳細を見る



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/17-fdbb194d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピアノ小品集

「主よ人の望みの喜びよ」が、なによりもすばらしい。リパッティ自身が、この曲が好きで何度もひいているのですが、しみじみと良い音楽になっています。普通に何気なく、弾くのですけど、何度聴いても魅力的な旋律です。淡々と弾いているのに、他の人には出せない良さがあ...

現代音楽を... | 2008/01/02 12:06

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。