次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

ロパルツ「弦楽四重奏曲第4番~第6番」 

月々1890円を払うと、数千枚のクラシックCD音源がいつでもすきなだけ聴けるサービス、NAXOS MUSIC LIBRARYに加入して、早2年ほどたっております。もっとかも。ということは今までにつぎ込んだお金は…あー! 
というちょっとホラーなサービスですが、クラシックが大好きな人にはたまらないサービス。古典でも20世紀の無名クラシックでも、大概の曲は揃ってるので超うれし。だって気になるの一々買ってたらものすごい額になるよ。それを考えるとお徳。

しかも聴けるCDラインナップは日々増えている。このまえはフランスの近現代クラシックに強いレーベル、Timpani(タンパニ)のCDが配信開始ということで、近現代マニアの俺は歓喜したわけです。だってクラとかロパルツとか、そう聴けないよ。

でTimpaniのもちょいちょい聴いてます。その中でもロパルツの弦楽四重奏曲は相当レベル高いですね。演奏も曲自体も。弦楽器の和声(特に高音域)がぞわっと体に響き、聴覚だけでなく触覚を捉えて離さない。耳当たりがいいとかそんな生ぬるい感じではなく、ダイレクトに刺激を伝えようとする確固たる意志。やっぱ近現代っていいな。ちなみに4番がお気に入り。

Joseph-Guy Ropartz: Quatuors Nos. 4, 5 & 6Joseph-Guy Ropartz: Quatuors Nos. 4, 5 & 6
(2006/01/01)
Joseph Guy Ropartz

商品詳細を見る


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/201-2708c361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。