次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

死語になったWeb2.0と科学実験の閉鎖性 

WikipediaAmazon、さらにはブログやオープンソースのソフト、pixivなどのように、誰でも情報を発信、交流することができ、集合知を形成することもあるようなウェブの利用法などをWeb2.0と称するようです(定義は多分こうとは限りません。大分曖昧です)。

しかしそのWikipediaでは、Web2.0の項に「2009年時点では死語となりつつある」と書き込まれ、それが本当かどうかは兎も角、ネットスラングでは(笑)を付けられるに至ったWeb2.0(笑)。

どうも、熱がさめてしまったというか、実際そんなに言うほどのものではなかったと感じるようになっているのではないでしょうか。それか、Web2.0があまりにも当たり前すぎる存在になって、もう無意識の内にWeb2.0に参加しているのかどちらか。

後者ならともかく、前者ならWeb2.0は大したことがなかったということになるんでしょうか。というか思うに、Web2.0は確かにこれまでになかった形ではあるけれども、ほとんどの人にとってはそんなに必要なかった(それか、つかいこなせなかった)ということかもしれません。


実際Web2.0と騒いで見ても、実際にはなにがあったか。せいぜいWikipediaやAmazonが便利で、質の高い無料ソフトが増えていいね、ってくらいなものかもしれません。しかもWikipediaに書き込まれる情報の9割は瑣末なもので(新規追加項目一覧でも見てみてください)、アニメとか人気ある項目は無駄に充実しても、現代芸術のことはほとんどわからない。Amazonだって、レビューは役立つしマケプレもいいシステムだけど、アソシエートはたいして稼げないし(9割の人は)、つまるところネット通販サイトの一つですよ。そんなもんです。

あのね、玉石混交の石の部分が多すぎると思うんですね。もしくは、玉が見つけにくすぎるか。
本当に面白い玉の部分に当たるものは、ほとんどない。それに反して、広告をべたべた張った内容の薄い個人サイト(このブログも?)がうようよ。
だから本当に、人気が出るものはとことん出るとしても、個人でちまちま作っているもの(ターゲットが狭いものはなおさら)は、ほとんどかえりみられることはなかったりする。かえりみられることがないから、作るモチベーションが下がってやめる、そこでおわり。こんな人も結構いるんじゃないでしょうか。それと、マイナー分野にはほとんど人が集まらない、人が集まらないから発展が進まない、という流れもありますし。
多分、別に何かを表現したい、純粋に作る事が好きだ、って言う人の絶対数も、そんなにないと思いますね。質が伴っている人も。作っている余裕などない人も相当数いそうです。

そして他に考えられるのは、多くの人にとって、そんなに情報が要らない。情報でおなかいっぱい状態なんだと思うんですね。
このサイトの文がすごい、この作者の動画が面白い、この人の書いてる漫画がおもしろい、といってそんなにネットに没入できない人が割合おおいんだと思うんですね。それにも関わらず、そういう没入していない人の意見は本になっていない。だからなんか、Web2.0に可能性があふれているような書き方をする本が結構ある。

可能性は多分まだあります。ただ、その可能性に全力を注ぎたいとは考えない人が、実際問題そんな余裕がないという人も含めて大半ではないのかと。

まあこれ以降、革命的なシステムが一つか二つ登場しない限り、現状のネットはつまらなくなり、腐敗が進むでしょうね。

「ひらきこもり」とか「ウェブ進化論」は、先を進みすぎていたのかもしれません。それか、現実社会のことを考慮に入れなさすぎたか。

本当は科学的研究の閉鎖性もからめて書きたかったんですが、思いのほか長くなってしまったので一旦区切ります。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

コメント

だからこそ、Web2.0を根本的に改革したいと思うこの頃・・・
科学的閉鎖性についての続きも是非!

ゆうれい #- | URL
2009/04/11 20:32 | edit

もうWeb3.0なんて言葉を使ってる人もいるけど、そういう概念的な枠組みよりも、これから実際的にネットが面白くなるかならないかのほうが懸念やね、俺は。
科学的閉鎖性は後で書きます。

KETIPA #- | URL
2009/04/11 20:33 | edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/202-4b896e5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。