次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

引き続きクラウドソーシングを調べてみた 

クラウドソーシングについては前回の記事でも触れたばかりですが、もう少し触れてみます。今回は主に日本のクラウドソーシングのサービスについてまとめっぽくしてみます。

c-team

バナー広告に特化したクラウドソーシングサービス。バナー作りのためのロゴマークや写真素材も準備されていて、それぞれの要望にあったバナーを作ればOK。デザインが採用されると500円、さらに、採用されたものの中からクリック率の高かったバナーについては1~5万円が支払われる。

登録も平易で、バナーは比較的容易に作れるため、一つのオファーにつき数百のバナーが申込まれる。報酬を得るのはそんなに簡単じゃないかも。しかもなんか今オファー数が少ない。


Lancers

ロゴデザインやWebデザイン、それからイラストや企業名募集まで、色々なオファーが揃っている。
任意で本人確認書類を提出させることで、クライアントに信頼してもらいやすくするなどシステムはよく出来ている。
報酬はクライアントが設定。ロゴデザイン募集が多いが、当然Illustrator形式(.ai)での納入が多いため、一件あたりの応募数は多くて2~30。その中からクライアントが採用したものだけに報酬が支払われる。何にしてもセンスや能力が求められることに変わりはない。あとイラレを買えない貧乏な人(俺とか)は、企業名募集とかくらいしか応募できないかも(だから企業名募集には比較的多めの応募がある)。


ロゴとかをコンテスト形式で募集しているという点では一般公募と違わない気もするけど、リアルタイムに誰がどんなロゴを作ったかを閲覧できる場合も多く、それに対してクライアントが修正を依頼することも出来るのはメリットかも。あと依頼料が安くてすむね。応募側からすれば、いままでどんなデザインを作ったかをオープンに出来るし、キャリアをつめるという点ではいいかも。


まあまだまだ未成熟な市場とみてよさそう。数年後にはもうちょっと一般化してるかな。
依頼待ちの二流デザイナーとかが、素人が参入してくるからキレてるかもしれんけど、待ってるくらいならさっさと応募したほうがいいやろうね。報酬が少ないとかいってキレる可能性はあるとしても。





一応前述した二つのサービスには登録してみたので、採用とかされたらその体験でも書きます。書ける部分は。

こうなんか、こんなんじゃなくて、息を抜いた記事も書かないとしんどいな。なんかすっげえ余裕ないの今。精神的にも。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/219-cb7ab4e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。