次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

著作権と文化 

著作権の保護期間を50年から70年にしようぜという動きがある。

言い出したのはJASRACなどの権利者団体だ。


現行法律では作者の死後50年が経過したらその人の作品は自由に使っていいということになっている。青空文庫などもそのおかげで存在できているのだ。もし著作権が永久に存続するなら、文化は衰退し、昔の作品は有名な一部のものを除き顧みられなくなる。翻訳作品の発表やクラシック音楽のアレンジなども自由に行えなくなり、非常に寂しいことになるだろう。

50年の保護期間をつけているのは、遺族への保障という意味合いもある。故人の作品を利用される時にお金がもらえる。作家の家族の特権というところか。他の職業にはないシステムだ。


権利者団体や延長賛成派と、延長反対派それぞれに言い分がある。僕の立場は反対派だ。


20年の延長によって、文化促進や作家の創作意欲の向上、それに著作権収入の増加が見込めるとは到底思えない。さらに一部有名作家以外の作品は忘れ去られ、そういったものが再評価されて文化的に発展することも失速するだろう。

それに、延長には権利者団体の利益追求の姿勢や、欧米からの圧力が透けて見えることもいただけない。


欧米では著作権保護期間が70年となっている。それを世界基準にしようと躍起だ。まだ彼らは、自分たちが世界の中心であり、世界が我々の基準に統一されたなら素晴らしい世界が築きあげられると信じて疑わないのだろうか。カナダやニュージーランドなどではそれを拒否して50年を守っている。

日本は果たしてどちらの立場に立つのか。


前例もある。実際に延長した国では、青空文庫のようなプロジェクトが失速してしまったり(オーストラリア)、延長したものの大して著作権収益が増えなかったという事例もある。



思うに日本は文化的にまだまだ国のバックアップが足りない。だから文化が育ちにくい。
作品使用料を文化的バックアップに利用しているのかどうかも疑問だ。延長して微増するであろう権利収入は、誰の懐に入っているのか。そうして文化が衰退していくのを黙って見ていろというのか。




僕が作品を作ったとしても、死後五十年たてば青空文庫に入れてもらったり、インターネットなどで自由に公開したりしてほしい。そのときまでそういう体制であることを願う。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ: 雑記

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/23-696645ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。