次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

帝王昼寝 

本屋に寄ろうとしたところふらつきを感じたので、もしやと思ってやめて帰りました。飯を食ったら回復しました。単なる空腹でした。新型何やらではないようです。




はねとびで「サターン」という水草が紹介されてた。なんと1株78000円。調べてみたら、エキノドルス(オモダカ科の一属)の未記載種。分類がろくに整理されてないんやから、生息数とかも未知数やろうな。そんなん南アメリカからとってくんなよ…。マジで消滅すんぞ。

それで思い出したけど(エキノドルス→水草→アクアリウム→熱帯魚の順)、前は熱帯魚に興味がある時期があったので、家にちょっとした熱帯魚図鑑とかあるのね。あいつらは大体日本名がないから、結構学名そのままで呼ばれてたりするし、今でも多少は覚えてるな。

そうそうボララス・ウロフタルモイデス(Boraras urophthalmoides)とか飼ってた。あとコリドラスとか。懐かしいので色々検索して写真など見てます。


でもなんか、俺の持ってる熱帯魚図鑑の名称で検索しても、ちっともひっかからんのがちょいちょいいるな。

以下、検索結果ゼロ件(2009.5.20現在)の熱帯魚。表記は前述の図鑑による。

*プセウドムギル・コンニエー(Pseudomugil connieae、コンニエーでも0件)→ポポンデッタ・コンニエとかやな。ポポンデッタってかつての属名やないか。

*バーブス・ヤエ(Barbus jae、くの一みたいでかっけえ名前)→バルブス・ヤエ。

*エウトロピエルルス・デバウウィ(Eutropiellus debauwi、すげえなこの名前)→エトロピエラなど。一々学名をカタカナにしないんか今は。デバウウィってかっこいいのに。

*ノトブランキウス・エッゲルシイ(Nothobranchius eggersi)→ノソブランキウス・エガーザイとか。

ノトブランキウス属(ノソブランキウス属)はほかにも
N. ラコヴィイ(N. rachovii)→ラコウィー、ラコビー
N. コルサウサエ(N. korthausae)→コーソザイ
とかになってることがほとんど。


これは俺の持ってる図鑑が悪いんか(ないし古いんか)、それとも呼称が変わってきてるのか、どっちだか。あとなんか学名の読みというより日本語読みみたいやな、全体的に。
ポポンデッタ・フルカタ(Pseudomugil furcatus)とかモグルンダ・モグルンダ(Mogurnda mogurnda、パープルスポットガジョンとも)とかはちゃんとこの図鑑でもそう表記されてるんやけどね。


熱帯魚はその姿形はさることながら、名前も独特で楽しいのがおおくて、一度で二度美味しい動物ですね。チャカ・チャカ(Chaca chaca)みたいな楽しい名前もあるし、プセウドエピプラティス・アニュラトゥス(Pseudepiplatys annulatus)とかナノクロミス・トランスヴェスティトゥス(Nanochromis transvestitus)みたいに、そらで言えると頭よさそうに聞こえる名前もあるし。


でも金かかりそうな趣味ですね。アロワナとかポルカドット・スティングレイ(Potamotrigon leopoldi、淡水エイ)レベルやと1匹数十万円するぜ。それでなくても、珍カラ(珍しいカラシン)でも、1匹数万円のとかいるぜ(体長数センチ)。あと軽く何種類か絶滅させてしまいそうで怖いぜ。

というわけで当面熱帯魚は飼わんぜ。日本の淡水魚もなかなか熱いぜ(俺の中で)。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ: 雑記

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/256-2342b671
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。