次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

ミニパラダイム化に政党政治はふさわしくない 

I will translate this article into English. Please wait for a minute.




以前から、政党単位で政治をしていることが、現在の社会にそぐわないような気がしてなりません。自民党バーサス民主党、確かに構造はわかりやすいけど、どちらかの政策、マニフェストに100%賛成せにゃならんのか、と不満なんです。自民党のやり方は基本的に賛成やけど、この政策とこの政策については民主党案のほうがいい、といった柔軟な対応が出来ないでしょう。だから非常に嫌なんです。

この前イランの大統領選が行われ、保守強硬派のアフマディネジャドが再選した(らしい)けど、アフマディネジャドの貧困層支援策があるから当選した面も強いわけで、核開発とかにみんながみんな賛成したというわけでもないんじゃないかと思いまする。

それはともかく、日本の政党を全部解体して、全員無所属扱いで、それぞれの議員が思うように投票できはしないものかと思うわけです。もちろん派閥とか作らないで。賄賂とか根回しとかをどう回避するかが問題かな。というか、今の収益構造的にそれは不可能なんでしょうね。

政党に限らず、予算というか運営費が肥大化している公共施設、大企業は、はやいとこその収益構造を変えないと、本当の意味での経済対策なんか出来るわけがない。とはいえこれまでの資金分配体勢(上の下請けの下請けの下請けにも金が回される)は、結構便利だからね。人間の能力を必要とせずにそこそこの収入を確保できるから、最低限の仕事が出来れば大丈夫なわけで、実力主義では生き残れないような人間にもやさしいシステム。こういう構造も、国全体としてはある程度ないと困るんでしょうね。

城さん(若者はなぜ三年で…の著者)の言うような、本当の意味での実力主義だと、その競争に勝てずに落ちこぼれる人がガンガン生まれます。そういう人の為に年功序列があったわけなので、いくら無駄に金がかかるからといって、国家公務員はその構造を崩そうとはしないでしょう。そこには一般企業とは違った資金配分のシステムがあるわけなんで。一般企業のパラダイム(ひとつではない)と国家公務員のパラダイムがかみ合わなくなってきたってことですか。

少し話が変わりますが、マルチパラダイム(枠組みの多様化。この記事では大分拡大解釈的に用います)が進んだということは、小型のパラダイムが多数発生しているという面もあるわけです。個人の価値観や認識様式とかも、ミニパラダイム(マイクロパラダイムと言ってもいいかも)として他人に影響を与えることも増えてきたとみていいでしょう。今までなら限られた有名人だけがミニパラダイムとして存在できたのが、ネットからも小飼さんや梅田さん、ひいてはひろゆきさんのようなミニパラダイムが出現するようになり、さらには無名の個人でも、影響を与える対象が数人でも、一つのマイクロパラダイムとして存在できるようになったわけです。単純な例で行くと、pixivでちょっとうまい絵を描いてるだけでもマイクロパラダイムとなることが可能なわけです。

俺もマイクロパラダイムとはいわないから、ナノパラダイムくらいにはなれないものかと、思うわけです。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

コメント

この記事も英語で…いや、冗談です。

一つ気になったのが、3段落目~4段落目のつながりがイマイチわからない。(関連が収益構造って言葉だけじゃ話がジャンプしすぎてるし…。)
「公共施設、大企業」を「全員無所属扱い」にする感じだと思うんだけど、それってどんなのイメージしてる?

ローデン #oLzO7Ze2 | URL
2009/06/15 17:43 | edit

Re: タイトルなし

英語で…。何日かかるかな…


3段落目~4段落目のつながりは、確かにちょっと飛躍してるな。書きたいことを2,3個まとめてしまったのがまずかったな。

あえてつなげるなら、「公共施設、大企業」を「全員無所属扱い」にするって感じじゃなくて、そもそも「政党」のおはからいで「企業や組合」が利益を得る、企業や組合はその見返りに献金を、という構造を変えないと、「全員無所属扱い」にはできないだろうし、それを徹底的に拒否する人が多く出るんじゃないかと。
道路族の議員は道路公団の利益になる法案を数の力で通そうとするし、通ると議員にしても公団にしても利益になるけど、それは派閥とか政党単位での行為(賛成多数)が前提やから、全員無所属無派閥、っていうのは、議員の利権的にも法案で利益を得る側にしても不都合なんでしょう。
そういう談合まがいの行為を追放する上でも政党解体はいいと思うけど、政治献金がなくなったら余計に税金を投入されかねない。既得権益ばっかり残ってるせいで、そもそも政治を動かすのに金がかかりすぎてるから、その構造を変えないと国という組織がなりたたねーだろって話。

それは国に限らず、大企業とかの経営状況でもそうで…って感じでつながった?

KETIPA #- | URL
2009/06/15 22:36 | edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/284-82f38db2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。