次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

時代が進むにつれ初期投資量がはねあがる 

学問とか大体そうやろうけど、18世紀には博物学とか遺伝学の初期とかくらいがわかってればよかったわけやけど、今となっては複雑な内容をより大量に身につけることが求められたり、そうでないとろくな研究が出来ないというのは、仕方ないけど挫折者を大量に生んで然りですね。

あと100年すれば、歴史学でも+100年分の内容があるし、新発見される部分が大幅に増えてるしで、新しいことをやろうとする時に、未解明事項の減少と、解明の困難度合いが爆発的に跳ね上がってるんじゃないでしょうか。いや100年とは言わなくても、現に2,30年前よりは相当困難なことしないと研究になりませんよね。

もちろんその分ツールは進化してるけど、それを使いこなすために必要な人間のキャパシティも膨らんでる筈やし、既存の手法に準拠した方法論だけやと、まあ行き詰るか面白さ(新奇さ)をなくすかですよね。分子生物学なんか今そんな状態に近づいてるんじゃないですか。ほぼ同じ手法でなんとかの機能解析を、ばっかりやってて。あちこちでコケにされてますよ、分子生物学(広義)。

このブログ今日のエントリーとか、ボロクソやな。実情を知ってる人やし、まったく間違ったことは言ってないと思うから、それが悲しい。このまま進むなら分子生物学に期待は出来ないでしょう。


だけど実際新しい手法とか理論を持ち込むのは困難やし、それこそ余計に身につけないといけない部分が増えざるをえないし。学際領域とかで、一人が物理、化学、生物学、数学、情報科学そのたもろもろの必要手法を身につけるなんてこと、そう簡単には出来ないですよ。しかもそれを組み合わせて威力を発揮する手法を編み出すなんて、えっそれ可能…なんですよね…? 先にあげたブログの人なんかがまさに考えてる(理論物理と生物学?)けど、おそろしく困難でしょうね。マルチパラダイムプログラミング言語みたいなのも、より複雑なプログラムを作成できるかもしれないけど、これまでの言語より習得はむずそうに感じます。


本当なら、より効率よく各種手法や知識を身につける(あるいは手法や知識の身につけるべき量を軽減する)ことも考えないといかんでしょう。もちろんそこに、人間の学習限界量とか、学習を様々な方法で阻害される要因があるから、全然うまく行かなかったりするわけですが。


だから本当にこれからは、数十年前とは比べ物にならない量を処理でき、かつ発想力に長けた人間でないと、何にも出来ないんじゃないですか(ピペドなら出来るけど)。まあそれが、科学研究と人間の共進化の歴史として、連綿と続いて行くんでしょうか。

本当に100年後の研究者は、どんなスキルと知能が要求されるんだか。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ:

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/297-58196cf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。