次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

川村結花「朝焼けの歌~秋・冬盤~」 

歌手は、たとえ自分で作詞作曲をしなくても、売れる人は売れます。逆に、よく人に楽曲提供をする人は、歌手として活動していても目立たなくなりがちです。川村結花もどちらかといえば後者。SMAPの名曲「夜空ノムコウ」をはじめ様々な人に楽曲を提供していますが、川村さんの歌っている曲を聴いたことがある人というのはそこまで多くはいません。なぜかは知りませんが、そんな風に感じます。川村さんとも親交の深い上田現さんなど、さらにその傾向が強いのではないでしょうか。ちなみに上田さんは、元ちとせなどの楽曲を多く受け持っています。

しかし目立たないからといって、川村さんの歌が大したことないというわけでは決してありません。表題にあげたのは4曲入りのシングルですが、これが捨て曲無しの傑作。
一曲目「朝焼けの歌」ではケミストリーの堂珍と共演し、夜が明けきらない街を物憂く表現。しかし陰気なのではなく、力強さがある。これが川村さんのバラード系楽曲の特徴です。そのメロディと声によってただ悲しいだけではない、得がたい感動を与えてくれます。
二曲目「夕日が沈んだら」。ピアノのメロディーラインが心地よく、しかしどこか物悲しい、ジャズ要素も取り入れる川村さんならではの世界です。
三曲目「誰よりも遠くから」は、子守唄のようなメロディがたゆたう一曲。
四曲目「悩みの丘」。これもピアノが川村さんの声を支え、力強い曲になっています。

川村さんの曲は、このCDに収録されているものに限らず、街の情景を感じられる曲が多いです。このシングルを聴いてみて、手ごたえがあれば他のアルバムなどに手を伸ばし、4曲聴いてもなんとも思わなかったら、残念ですが他のアーティストを探しましょう。

朝焼けの歌~秋・冬盤~朝焼けの歌~秋・冬盤~
(2002/10/23)
川村結花

商品詳細を見る



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/4-a5c485fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。