次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

アニメ観を変えたアニメ 

1週間に見るアニメはコナンくらいという管理人、KETIPAですが、何か面白そうなアニメがあれば、遡って1話から全部見たりもします。とりあえず新しいアニメを品定めするときは、YouTubeとかにあるオープニングを見ます。それで面白そうなら1話見てみて、面白ければ全部見ます。
でも結局は9割以上OPでふるい落としたり、なかなか全部見る気になれなかったりで、これまでにフルで見たのは数作品。多分全部挙げられる気がする。

その中でもとりわけアニメ観を変えた作品。




1.serial experiments lain

マニアックなアニメ好きなら必ず知ってるレイン。英語版WikipediaでLainの記事がFeatured Articleに選ばれていることからもわかるとおり、海外での人気も異様に高い。いま必死でブルーレイボックスセット用のリマスター作業がすすんでるらしく、さらに再評価が進むんじゃなかろうかと思ってるんだけど、これが1998年の作品。
まだWindows98の時代に、コンピュータ通信とか仮想世界と区別できない現実世界の描写を見事にやってのけた傑作。カット割りや場面展開にも実験的な要素を大量に投入し、非常に抽象的なストーリーを、ハッとさせる映像で見せてくれる。いわゆるメジャーどこのアニメを見慣れてると、難解でつまんないかもしれないけど、おれみたいにアニメ体験が少なく、よくあるタイプのアニメをあんまり見る気しない人にとっては、すごい刺激的かもね。現代芸術とか好きなら一回見たほうがいいとおもう。印象的な「遍在」と「つながってるんだよ」。もう一回ちゃんと見たい。

てかね、アニメに強く興味を持つきっかけがこれだったってのは、これ以降のアニメ選びにも大きく影響するよなー。音楽でもそうやけど、原初体験がどんなんやったかって重要やね。のちの価値観をかなり規定するから。

serial experiments lain TV-BOX [DVD]serial experiments lain TV-BOX [DVD]
(2005/09/22)
清水香里大林隆之介

商品詳細を見る





2.神霊狩/GHOST HOUND

でそのLain製作スタッフ(脚本の小中千昭と監督の中村隆太郎)が再度組んで出来たアニメ、神霊狩。原作は攻殻機動隊の士郎正宗、製作はProduction I.G.という鬼豪華な布陣。微妙に台詞が陳腐な点以外は、非常に印象の強い作品に仕上がっている。ストーリーはlainと似たコンセプトで、今回はコンピュータではなく伝統的な生命観を題材にしており、幽世(あの世というか)と現世とがまざりあっていく。ミステリー性とかも見もの。でも別に神霊を狩らないよなーとは思ったけど。だから霊とのバトルみたいなアクションをイメージしてる人は、わりと肩透かし食らうので気をつけて。

ちなみに登場人物が思いっきり九州訛りのため、見終わってからは言葉遣いが変になりそうになるばい。

神霊狩/GHOST HOUND 1 [DVD]神霊狩/GHOST HOUND 1 [DVD]
(2008/02/29)
小野賢章保志総一朗

商品詳細を見る





その他、これらには勝てないけどよかったアニメについても少し触れる。


3.電脳コイル

NHKのアニメ。電脳メガネというアイデア勝ち。この世界観は面白い。ラストがすげえNHK教育クサかったのは減点やけど、キャラにも好感が持てる。Lainよりはるかにわかりやすくてとっつきやすい。

電脳コイル (1) 通常版 [DVD]電脳コイル (1) 通常版 [DVD]
(2007/09/25)
折笠富美子.桑島法子.矢島晶子

商品詳細を見る


4.イヴの時間

ネットで公開されたアニメ(無料配信は終了)。15分×6話という時間的に超リーズナブルなアニメ。家庭用アンドロイド(ハウスロイド)を中心にストーリーを展開。何がいいって画面が超美麗。おどろくほど描写が細かい。ストーリー的にはベタやけど。

今調べたら、3月6日から大阪で映画版として公開予定って、マジで! しかも続編出来そうな予感。これは期待したい。

イヴの時間 act01:AKIKO (数量限定生産) [DVD]イヴの時間 act01:AKIKO (数量限定生産) [DVD]
(2009/01/10)
福山潤野島健児

商品詳細を見る





今回は「アニメ」についての話やけど、おれは「アニメーション」にも結構興味持ってるから、もっといろいろ見たい。どちらかというと芸術的表現を追求したものをアニメーションとして別に考えるみたいで、以前このブログでも紹介したACIDMANのPVとか、そういう感じの。このPVとか見ると本気で涙出るからね、あまりにも美しすぎて。あとSTUDIO 4℃が製作したGENIUS PARTYの作品にはすごくいいのが混ざってるから好き。菅野よう子が声優やってる『次元爆弾』とか。


あと、あんまり関係ないけど、静止画の上でキャラクター部分だけを動かすっていう手法よくあるけど、あれ静止画部分と動いてる部分のタッチがばらばらで気持ち悪い、と思うのはおれだけ? あれの気にならないアニメを見たい、とつねづね思ってんだけど、アニメーションならともかくアニメにはなかなかないね。イヴの時間はそれが気にならなかったな、そういえば。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ: 文藝美術文化

[edit]

PAGE TOP

コメント

初!コメ!

書いていただきありがとうございます!
lain、電脳コイルとイヴの時間は聞いたことあります。

時間が空いたら観たいなぁ…!

@Ras7 #eaaJW0rw | URL
2010/03/08 21:11 | edit

Re: 初!コメ!

おー、コメントどうもー。

そこまで無名どころじゃないから、結構知ってたかな。でもなかなか全話観るのって大変よね。あとなかなか好みが割れそうな作品もあるし。

KETIPA #- | URL
2010/03/09 00:20 | edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/455-7a7f8240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。