次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

超芸術トマソンと芸術状物質、ついでにほころび写真 

超芸術トマソン」は、1980年代に赤瀬川原平さんらが提唱した芸術概念。その定義は「不動産に付属して保存されている無用の長物」って感じやけど、ではおれがこのサイトのみで勝手に言っている「ほころび写真」と何が違うのか。そしてあと、この前本を紹介した、飯村さん提唱の「芸術状物質」についても含めて、おれの認識で比較してみた。






超芸術トマソン芸術状物質ほころび写真
不動産に付属している××
使用中でない物件である××
どこか傷んでいる印象××
影など風景の一部を含むこともあり××


・不動産に付属している
この前提があるのがトマソン。一見無駄なものが残ってるだけなんだけど、それが見る側からすれば、一周回って芸術に感じられるという、それがトマソン(のはず)。芸術状物質、ほころび写真では、別に物件が不動産に付属してる必要は無いため、ボロく熟した三角コーンなども対象になる。

・使用中でない物件である
トマソンといえば、基本的に全て使用されてないものをさす。芸術状物質、ほころび写真にその制約はない。

・どこか傷んでいる印象
トマソンや芸術状物質は、別に傷んでるか否かは関係ない(芸術状物質は傷んでるものが多いけど)。いっぽうほころび写真は(おれが勝手に言ってんだけど)、その名称どおり基本的にこぎれいなものは扱わない。そのため、このブログに上がってきてる写真の中にも、ほころびでもなんでもないものは結構含まれてる。街灯とか。それはただの写真扱い。

・影など風景の一部を含むこともあり
ほころび写真は写真としての性質も強いので、トマソンや芸術状物質のように「物件」を中心に撮影してるんじゃなく、その周りの風景や。影、雨の跡など非固定的なものとの組み合わせも重視している。あと撮影時の視点とか。あくまで街の一部を切り取るので、その切り取り方から受ける印象なども考えつつ撮ったりしている。


以上、雑な分類ですが。

ここでトマソンの分類などを幾つか紹介。写真は全て自前。


no used gate(thomason)muyoumon - no used door 2 (thomason)
無用門(+無用階段)。門だけ残ってたり、不要な階段だけ残っている物件。取っ払われることが多いので中々見つからない。


no used window 2(thomason)

無用窓(無用扉?)。窓だったところが完全にふさがらずに残ってたりする物件。手前の建物が取り壊されたりすると露見することがある。でも中々ない。


atomic bomb type(thomason)mini cross - mini church (thomason)

原爆タイプ。もともと何かあった場所が壊されたりはがされたりしてできる、痕跡的な物件。原爆によって影が焼け付いた壁からの連想でついた名称。


garden of drains

壺庭。切断された管の跡などに草が生えたりして庭化する物件。盆栽的な味わいがある(と人によっては感じる)。発見は比較的容易。


nurikabe(thomason)

ヌリカベ。窓などの一部が埋められてしまったものの、埋められた部分が周りと比べて浮いてしまっている物件。こぎれいな建物などにもみられる。


muyouhashi - no used bridge (thomason)

無用橋。下が暗渠化してることもあり、一応用を為している場合もあるが、トマソンに入れられる。写真の物件は2010年現在消滅。


abesada night (thomason)abesada (thomason)

阿部定。電柱などの切断痕のことを指す。名前の由来は、女性が男性の***を切断するという昭和の事件、阿部定事件から。


ikiume (thomason)

生き埋め。これはマンホールが半ば埋められている物件。一部が埋められているものは大体ここに該当。


もっと知りたい人は、トマソン・トーキョートマソンリンク(発見方法などあり)をどうぞ。あと赤瀬川さんが『超芸術トマソン』という本を出しているので、それも是非。


以下は、ほころび写真には入るけど、トマソンにはならない写真の例。

rusted


destroyed drain

asphalt painting


こんな感じで写真を見てるだけで満足せずに、書を捨てよ、町へ出よう、そしてトマソンや芸術状物質、ほころび写真を撮りに行こう。というまとめ。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ: 写真系

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/464-ce26c020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。