次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

コケ植物の写真撮影方法(画像編集編) 

前回のエントリで紹介した蘚苔類(コケ植物)の写真撮影で、こんな感じの写真が撮れたと思います。

P114082223.jpg
ちなみにこれはキャラボクゴケ(Fissidens taxifolius)とおもわれます。


ではこの写真を編集して、より図鑑っぽいものにしてみましょうというのがこのエントリー。とりあえずスケールバーを入れるだけなんやけど。

スケールバーって言うと、顕微鏡写真とかでよくある、画面端とかについてる目盛りで、何マイクロメートルとか表示されてる棒なわけですが、これを定規で引くのは簡単、でもパソコンで引くのは意外と面倒だった(実は簡単なんかもしれないけど、簡単なやり方は知らない)。

というわけで、色々試行錯誤してGIMP(Photoshopみたいな画像編集ソフト)でスケールバーを引く方法を考えてみました。ホンマはImageJでやりたかってんけど、よくわからんかったのでパス。


P114082.jpg

1.(必要にあわせてトリミングした上で)画像を読み込む

2.定規ツールで1cmの線が何ピクセルになるのかを測定(この画像の場合1cm=1041px、つまり1mm=104pxだった)。

3.グリッドを表示させる([表示]→[グリッドを表示])

4.[画像]→[グリッドの設定]でグリッド一目盛りを104px (1mm) にする。

5.画像の上にひとマス104pxのグリッドが表示されるので、それの適当なところにあわせてパスを引く。

6.[編集]→[パスをストローク描画]で、適当な太さのパスを引く。今回は太さ5pxで引いた。

7.文字ツールで「1mm」という文字をつける。

8.余分な1cm×1cmの線を塗りつぶして消す。

9.色合いとかを適当に調節。

以上。

ここまですると、こんな感じの画像になります。

kyaraboku.jpg

みなさんのコケライフが楽しいものとなりまするように(別にコケ以外にも応用できるけど)。できればみなさん、こうやって撮った珍しいコケや普通のコケの写真などを、Wikimedia commonsとかに提供してあげてくださいな(著作権を捨てる覚悟で)。Wikipediaが豊かになるので。

おれもこれをアップしようと思ったけど、既に同じ種の写真があったのでやめました。


コケ (フィールド図鑑)コケ (フィールド図鑑)
(1986/12)
井上 浩

商品詳細を見る


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ: 写真系

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/475-6009b997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。