次の音は、思わぬところに埋まっている。

思い出したように更新したりしなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

辺境の近現代クラシックを聞け その2 

さて前回ラトビアのクラシックを出し、その1とか名打ったもんだから、つづけざるをえないこのシリーズ。

細かい説明は、前回の辺境の近現代クラシック その1に譲りますが、とりあえず西欧オンリー気味のクラシック音楽覇権に反抗しようぜということで、あえてメインストリームを外したチョイスでお届けいたします。

さあ今回はどこにしよう、と思って選んだのが、あの四角い国。

そう、正解、エジプトです。

選んだというか、そういやエジプト出身の人いたな、と思い出したので採用。



エジプト生まれのヴィットーリオ・リエティ(Vittorio Rieti, 1898-1994)。鋭い人は名前見て気づくかもしれませんが、イタリア系移民の子孫。つーてもリエティは20歳前後でイタリアにうつり、そのあとアメリカに行って帰化しちゃってるので、生粋のエジプシャンではないです。まあでも出身がエジプトというだけでもほとんどいないので、レアといえばレア。

素性はよく知りませんが(なにせ参考文献がイタリア語のしかない)、ヴィヴァルディあたりのイタリア古典派の流れを汲みつつ、ダダや無調あたりにも感化されたような折衷的な作風。イタリアでレスピーギやマリピエロ、カゼッラあたりに指導を受けただけのことはあります。

このパルティータでも、古風なチェンバロの旋律に軽妙な弦と管のメロディが混ざり、ややイレギュラーな旋律の進行も相俟って、モダンかつ伝統的な雰囲気をかもしています。このバランス感覚はやはりエジプト、イタリア、アメリカの三国を経験しているからか(こじつけ)。

ちなみにこのパルティータは1945年作なので、アメリカに帰化後の作品になるわけですが、それ以前のイタリア時代にはなかなか先鋭的だったようです。



これはバウハウスやダダ関連の作曲家の作品を集めたCDから。つまりリエティもそこに入るわけですね。この作は1920年。マリピエロもそうですが、イタリア近現代作曲家のピアノ曲はなんか渋い。色彩感をわざと削いでるかのよう。この作品もご多分にもれずモノクロームな音ですが、こういう無機的な響きもおれは好きです。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

カテゴリ: 音探求

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://woshyru.blog117.fc2.com/tb.php/499-cf99aa25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。